[一般の方向け]たのしい教育cafe 4/24(水)18:30~/教員採用試験ワークショップ4月コース:関係者へリーフ配布中/沖縄市出前児童館(無料)2019/05.14~18:子ども対象、大人もボランティア参加可能/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付

新発見〈たのしいライティング〉

 アウトドアワークを重ねる中でいろいろな発見をしています。学校帰りの先生たちが集まってきて、打ち合わせをすることになり、せっかくなので外で食事をとりつつ話し合おうということになりました。

 太陽が落ちて後のアウトドアは〈光〉が必要です。
 スマホを、半透明のレジ袋などで包むとこういう光源を簡単につくることができます。初めて見る人たちは関心してくれますけど、アウトドア派の中ではよく知られた技の一つです。

 

 さて、近くの公園にテーブルを運んで軽食などの準備をしている時のこと、スマホのライトで灯りをとろうとしたさくら先生は、それが予想以上に明るいので、持っている紅茶のペットボトルで光源を覆ってみました。
 すると蛍光色のとてもキレイな発色になり、近くにいたみんなから「とってもいい」という声が上がりました。暗い中での光は、この写真以上に美しい輝きです。


 ミムラ先生もスマホのライトの上に自分の持っているお茶のボトルを置いてみました、すると・・・
 グリーンの美しい輝きになりました。

 みんなはさらに驚いて、それぞれ自分の飲み物に置いてみました。

 これはオレンジジュース、オレンジ色の透き通った光です。

 

 ポリ袋ライティングより、今回さくら先生が発見したペットボトルライティングの方がずっと美しくて落ち着きます。
 みなさんも夜庭に出て試してみませんか。

 それらの光でもけっこう明るくなりますけど、もっと明るくしたい。小さな文字まで読める様にしたい、という場合にはRくんがやったスポーツ飲料ライティングがおすすめです。

 蛍光灯のとても明るい輝きになります。 
 スマホのライトがボトルの中のいろいろな粒子にぶつかって四方八方に飛んでいくので周りが全部明るくなります。

 このサイトやメルマガにもよく書いていることですけど〈たのしむだけで賢くならない〉なんてことは無理です。
 たのしむとどんどん賢くなっていろいろな発見をしていきます。
 賢さというのは社会的な交わりの中でとても高まっていきますから、周りの仲間たちが「それおもしろい」「それはすごい発見だとおもう」という反応をしてあげることも大切です。

 たのしい教育研究所(RIDE)は、たのしく賢くなるのに最適な組織です。

毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね☆

 

 

良く読まれている記事