[一般の方向け]沖縄市出前児童館(無料)05.14~18:子ども対象、大人もボランティア参加可能/教員採用試験ワークショップ4~7月コース:関係者へリーフ配布中/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付/たのしい教育5月は役員企画セッションのため一般募集はありません

子ども達に伝えたいこと-解くという快感

 たのしい教育研究所にはいろいろな方たちが学びにやってきます。もっとも多いのは教師です。

 これは問題の解き方について研究しているところです。

 算数の問題など、頭をひねるものも多いのですけど、そういうものを解いていく快感を子ども達に伝えられたら、大きな宝物になると思います。

 人生には、なかなか解けない問題がたくさんあります。問題集の様に後ろの方に解答が書かれているということはありません。
 社会にはなかなか解けない問題がもっとたくさんあります。

 わたし達はそういう中で過ごしているのですし、子ども達もそういう社会で暮らしていくのです。

 一見解けそうもない問題を、いろいろな見方・考え方をすることで解いた時の快感は、一編の詩に感動することと似た味わいがあります。

 たとえばこの問題はどうでしょう。

 トンチやひっかけなどではなく、本当にピタリと当てはまる様にカットできるんですよ。

 先生たちに「図形処理の問題は計算問題よりも高度です、だからたのしいんです。計算が苦手な子ども達も、こういう問題に強いタイプがいて、その子達は実は算数・数学が得意な子たちです」という話をすることがあります。

 興味のある人は、子どもたちに出してみませんか。

 解答は後日のせますね。

毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね☆

 

良く読まれている記事