[一般の方向け]たのしい教育cafe6月は6/26水曜日18:30~ 参加者募集中!/沖縄市出前児童館(無料)2019/06.10~14、大人もボランティア参加可能/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付/

苔の花/こけの花

 最近書いた「寺田寅彦の〈ドングリ〉という名文」に感動した方からこういうお話がありました。※まだの方は、ぜひ戻って読んでみてください。切なくも素晴らしいエッセイです

 寺田寅彦の名文に感動しつつ、ラストのあたりに出てきた〈苔の花/コケの花〉というのが気になって調べてみると、とても可愛い花でさらに感動しました。

 

  キノコなどの菌類は〈胞子〉というもので増えるので、花もタネもありません。
 しかし〈苔/コケ〉は花が咲きます。
  しかし私も〈苔の花〉を直接みたことはありません。その方がとても感動した様子だったので私もwebでのぞいてみました。

 苔にもいろいろな種類があります。
 太陽の光はそれほど必要とせず、水分の多いところが好きなので、公園などでは大きな木の木陰などを探してみるとよいでしょう。

 

 これがコケの花です。
 清楚でかわいい花ですね。拡大してあります、実際は顔を近づけないと気づかないでしょう。

 

 ところで、花が咲くということは〈タネ〉ができるということでもあります。

 これはコケの花が咲いたあとの様子です。

 このチューリップの花に似たところは、コケの花が落ちて実がなり始めているところです。

 コケのタネというのは市販もされているのですね・・・
 しらなかったな。

 コケのタネから芽がで始めた様子がこれです。

コケのタネから芽が出た

 読者の方たちからのいろいろなお便りで、さらにたのしさ広がる今日この頃です。細かく返事をすることができずに申し訳ありませんが、こうやってサイトの中で紹介することもあります、ご了承ください。

 毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね☆

 

良く読まれている記事