• [一般の方向け] 12.29(日)たのしい授業力実践講座/教員採用一次試験合格スーパーバイズ/11.16~20出前児童館(無料)大人のみボランティア参加可能/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/2020年1月12日(日)科学読み物講座&おきなわ石さんぽ/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付
  • 授業がうまくなるということは子ども達の心を掴むこと

     RIDE(ライド)の授業特訓はグレードが違います。教師経験者がやっているからではありません。いろいろな処からの要請で授業にいった先の何万人もの人たちから、満足度100%の結果を出しつづけているプロが指導するからです。
     実験ショー的なものではありません、文科省の学習指導要領を元にした授業、例えば〈小学校4年生の数量関係の授業をたのしく賢く〉というオーダーなどにも、同じく満足度100%の成果を出し続けている集団です。
     実験ショーならいくらでも見世物ネタはあるでしょう。そうではなく

     ワークショップを数回重ねる中で、受講者の力もどんどん高まって来ました。

     これは授業ワークのシーンです、何の教科だと思いますか?

     算数です。

     加工した画像からも明るくたのしそうな表情が伝わってくるのではないでしょうか。
     きっと「こういう先生が自分の子の先生だったらな」と感じてくれる保護者の皆さんも多いのではないか思います。

     仲間の授業を見ながら自分の授業力を高めようと学ぶ人たち、そしてコーチする先輩たちの熱量も高まっていきます。

     これまで、授業の力を高めたい、二次試験を突破したいという方たちからたくさんの受講申込がありますが、RIDEは塾ではありません。たのしい教育に興味関心が高く、子ども達の賢さと笑顔を育てる力を身に付けたいという人のみ、受け入れています。

     こういう取組の中から、学校教育がしっかり変わっていくに違いありません。とてもたのしみでなりません。

    毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね☆

    良く読まれている記事