• [一般の方向け] 教員採用一次試験合格スーパーバイズ/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付
  • 科学的な見方・考え方 「夢のお告げ/霊界からのお告げ」前編

    前回、こういう文章を書きました。
    ———————-
    科学はごく普通の人たちを守り育てるものです。
    そういう科学をごく普通の人たちが自分のものとして身近に感じることができるか、あるいは「あれは特別な人たちのものだ」と感じるのか、その差は決定的です。
    一部の人たちの「科学」は危険で、普通の人たちが議論できるものであってこそ、科学は普通の私たちを守り育てるのです。

    ですから、科学的な見方・考え方がいろいろな人たちに広がる「教育」は、とても大切です。うれしいことに、たくさんの人たちが守り育ててきた教育を含めた様々な文化は、人々に感動をもって受け入れられてきたものですから、それらを学ぶことは、基本的にたのしいものなのです。
    ———————-

    今回はそれに続いて、科学的に見る、科学的に考えてみる、ということを書いてみたいと思います。

    今回は、いわゆる超常現象的なものをどう考えるか、ということです。

    その前に大切なことを書かなくてはいけません。

    宗教や天国・地獄のことを信じている人たちはたくさんいます。
    それはその人にとって、とても大切な世界です。
    大切な人が、たとえこの世界でいなくなっても、別な世界で永遠に生きていてほしいという願いは素敵なことだと思います。
    自分の命も永遠に続く様に願うことも自然なことだと思います。
    ですから、その世界を信じて生きていく人たちのその思いをどうこうしようということではありません。
    ごく普通の人たちを守り育ててくれた「科学」は、どの様に考えているのか、という科学の世界の話をここで書いてみたいのです。
    「科学では超常現象的なものをどの様に考えているのか」という興味のある方向けに読んでもらえたらという気持ちで書かせていただきたいのです。

    間違っても、違う意見の人たちを叩き潰すというような場に立ってはいけません。
    社会を見ると、「宗教」という世界の中の人たちが、「自分たちが正義だ」と考えて、違う考えの人たちを叩き潰す、という悲しい出来事が起こっています。
    どういう立場の違いであっても「寛容の精神」を持って臨むことは、この社会を平和的に発展させていくためにはとても大切です。
    そうやっていく中でいつの日か、科学と宗教とがお互いを補完する形で成長しあっていくことはわたしの願いの一つでもあります。
    http://tanokyo.com/archives/5159

    では進めましょう。

    「夢のお告げ」

    科学が社会のいろいろな場面に浸透していく現代で、「科学的に説明のつかない」「超常現象だ」と言われる様な話も、巷に溢れています。

    教師をしていた頃のことです。
    わたしの教室に放課後、A先生がやって来てこういう話をしてくれました。

    自分には不思議な体験があるんです。
    中学生の頃、買い物帰りの道すがら、偶然、数年ぶりに叔父と会ったんです。
    挨拶をかるく交わしたくらいで別れたのですけど、なぜかその夜、その叔父が亡くなる夢を見たんです。
    それまで叔父の夢なんて一度も見たことがなかったのに。

    縁起でも無いので、誰にも言わなかったのですけど、実はそれからひと月も経たずに叔父は病気で亡くなりました。
    とても驚いてしまって、祖母に話すと、それはあの世からの知らせで、霊感の強いものに届く霊界からのメッセージなのだ、ということでした。

    そういう話でした。

    状況は違っても、似たような話は、巷にたくさんあるのではないでしょうか?

    科学は「原子論」で成り立っています。
    原子は物体ですし、それには重さがあります。
    ですから、原子論的にみていけば「霊の存在」という仮説は成立しません。

    そういう原子論的な説明を丁寧にすすめる方法もあるのですけど、今回は別な視点で考えてみてみましょう。

    人間は、気になったことを夢でみることがあります。
    強い犬に吠えられた日に、それが夢の中に出てくることもあります。
    怖い映画のシーンを、夢でもう一度見たという経験をした人もいるのではないでしょうか。
    わたしは「宇宙」がとても気になるので、今でも「空を飛んで宇宙までいく夢」を見ます。

    そうやって考えると、もしかすると、A先生は、数年ぶりに会った叔父の様子を、無意識のうちに
    「体調がとても悪い状態ではないのか」
    と感じ取っていた可能性もあるのです。
    普通とは様子が違う、ということは、いつも会っている人だけでなく、たまたま出会う人に感じることもあるからです。
    あるいは、それ以前に、親類の誰かがなくなるという怖い経験をしていて、久しぶりにあった叔父さんにそのことを重ね合わせた可能性もあります。

    ですから、まず一つ目
    「叔父さんが亡くなる夢を見ることは、霊界からのメッセージという仮説もありますが、かならずしもそれだけではない」
    ということです。

    それからもう一つ、大切なことがあります。
    このことが、さらに重要になってくると思います。

    後編へ

    2015/05/19 科学的な見方・考え方 「夢のお告げ/霊界からのお告げ」前編 はコメントを受け付けていません。 たのしい教育の哲学 発想法

    よく読まれている記事