大好評 宮古島「たのしく学ぼう夏休み」大/寺ちゃん先生 堂々のデビュー!

宮古島の「たのしく学ぼう夏休み」が台風に負けず大好評のうちに実施され、大いに盛り上がりました。

台風の事情で参加できない方たちも出ましたがそれでも50名近くの方たちが「学ぶことのたのしさ」を存分に味わってくれました。

今朝偶然手にした新聞に大きく記事が載っていて、その丁寧な文章にも喜んでいます。

研究員の寺ちゃん先生も実力を発揮して、授業プラン「うくの? しずむの?」で大活躍。新聞に大きく取り上げられています。

スクリーンショット 2015-08-23 16.20.03

これまでと違って、今年はわたしがメインで出なくても、安定的に「たのしい教育」の普及ができるという実験結果がそろいつつあり、個人的にかなり嬉しく思っています。もちろん研究所としても、とても大きな意義のある年になりました。

新聞の記事から抜粋します。

——–

 沖縄本島の「たのしい教育研究所」(喜友名一代表)は22日、市働く女性の家で「たのしく学ぼうよ夏休みin宮古島」を開いた。
 子供たちは、科学実験を通して不思議や面白さを実感し、予想の思考力を高めていた。
 同研究所は、子供や大人、教師、一般の人を対象とし、楽しい教育の普及、本格的な科学教育の普及、宇宙への夢と希望を育む教育の普及などの目的で活動している民間非営利団体。

 喜友名代表は「科学って何?」と問いかけ「予想を立てて実験で確かめ、この世界、この宇宙の本当の姿や法則をみつけること」と述べた。
さらに「一番大切なことは『予想』を立てること。予想をあたっていても外れていても、それから学ぶことができ、賢くなる」と強調した。

 わくわく実験では、同研究所の寺尾大地さんが水の入ぬった容器にトマト、きゅうり、人参などをうかべて実験した。寺尾さんは「野菜は浮く野菜と、浮かない野菜にわけられる」と語り、全員に浮力について考えさせた。

−−−−−−−−−−−

新聞の記事もそうですが、参加者の皆さんの感想・評価にとても感動しています。
また終わってからも感動的な事がいくつもありました。

教育関係の方から『宮古のためにこんなにまでして頂いて』という心からのお礼の言葉、そして一般の方たちから『こういうものが欲しかったという声』、さらに研究所のメンバーがボランティアで来ている事への驚きなど、台風にひるまず来てよかったと思いました。

案の定、台風は宮古島を直撃し、飛行機が飛ばずに足止めを食っています。
「たのしい教育研究所」は臨時に「たのしい教育研究隊』に名前を改め、いろいろな研究活動を満喫しています。

その様子はまた後日お届けいたします。

台風の強まる宮古島にて きゆな

良く読まれている記事