「科学の講座をたのんだらドライアイスでシャーベットを作って終わり。どう思いますか」という言葉の重さ!

某月某日、ある場所で授業をさせていただきました。

大人からも子どもからも大好評で授業が終わり、数日後主催して下さった方から「ぜひお礼に伺いたい」という電話を頂きました。

ちょうどタイミングも良く、一時間ほどお話させていただきました。

その時、主催者の方がかたってくれた言葉は、私が意識してきたことでもあり、とても心に残っています。

その方の話はこういう言葉から始まりました。

 感想にも書かせて頂いたのですけど、今回のたのしい教育研究所の授業にとても感動しました。

実は以前、科学の講座を企画したことがあります。

その時に来てくれた先生は、ドライアイスでシャーベットをつくっておわりでした。
それを科学の授業だと言っていいのでしょうか?
うまく伝えられませんけど、はなはだ疑問です。

今回、たのしい教育研究所のことを知ってお願いしたのですけど、実施して本当によかったです。

科学の素晴らしさが子ども達にも大人の私達にも伝わってきて、とても感動しました。

 

それに対して私も

 何か面白おかしい実験、大掛かりな実験を見せて「ねぇ、どうですか。すごいでしょう!」

というのは実は私もできます。
でもそれには魅力を感じないのです。
ある意味、手品と一緒に見えてしまう。


そしてそういう実験にに続けて

「この秘密は自分で考えてみてね、さよなら〜」的な流れも「科学への興味関心を引きました」という言葉で説明できないことはないでしょう。

 

でも私は、科学の感動はそういう手品的なものより遥かに果てしなく素晴らしいものだと思っています。

 その感動をいろいろな人達に伝えたいんです。

 

たとえばガリレオが、太陽ではなく地球が動いている事実をつかんで大きな衝撃をうけたこと。
倍率の低い望遠鏡で月を眺めて
「天上界は完全だといわれていたのに、実は地球と同じように凸凹しているではないか。地上界天上界なんてないのではないか」と考えたことなど、そういう感動を伝えて、子ども達自身が「たのしすぎてやめられない」という形で自分で学びはじめる姿をいろいろな人達に広げたいんです。
 それらは科学だけではありません。
 算数でも国語でも社会でも、感動を伝える授業は可能です。

いずれにしても、教師をやめてなかったら、◯◯さん達のところにも行けなかったと思います。

その意味でも、途中退職してフリーになってよかったと思っています。

 呼んでくれて心から感謝しています。

と語りました。

 話はどんどん重なって行きましたが、こうやって一人ひとりと、たのしい教育に感動してくれる人たちが出てきてくれることを心から喜んでいます。

 たのしい教育研究所の活動は「たのしく賢く」が合言葉です。
仲間たちとそれを「たのかしプロジェクト」と呼んでいます。
「たのかし」のかしを「樫」と重ねて、〈樫の木をイメージしたロゴ〉の作成に入っています。

 ちなみに日本一大きな樫の木は沖縄にあるというのをご存知ですか?
これです。
たのしい教育研究所も、日本一の樫の木めざしてすくすく伸びて行きます。

オキナワウラジロガシ

たのしく賢く元気よく
すくすくのびるたのしい教育研究所です

2015/12/22 「科学の講座をたのんだらドライアイスでシャーベットを作って終わり。どう思いますか」という言葉の重さ! はコメントを受け付けていません。 たのしい教育の哲学 発想法

良く読まれている記事