LEAPカウンセリング入門 前段「科学的とはどういうことか」

LEAPカウンセリングについての質問がいくつか届いています。ちょうどカウンセリング系について書きたいと思っていたので、その質問に答える形で書き進めてみたいと思います。

テーマは

「自分の行動は自分の選択。その行動の責任を受け入れることで成長する」

その前編として「科学的とは」ということにして書かせてください。

LEAP(リープ)カウンセリングは私が開発したカウンセリング体系です。

その源になった体系が二つあります。アルフレッド・アドラーが開発したカウンセリングの体系「インディビジュア

ル・サイコロジー(日本ではアドラー心理学と呼ぶ人も多い)」と、科学教育の体系である「仮説実験授業」です。

アルフレッド・アドラーのカウンセリングと仮説実験授業とを猪突的に学んでいた頃は、わたしの中で別々の体系だったのですが、教師を辞めてフリーとなり「NPO法人 たのしい教育研究所」を立ち上げて後、二つが融合して整理できるようになりました。
そうやって生まれたのがLEAPカウンセリングです。

アドラー心理学と呼ばれているものには、本当にたくさんの流派が存在します。その中には〈スピリチャル(霊)的〉なことを重視したり、科学的にはかなり怪しいと思える様なことを主張している書籍や資料もいろいろあります。

仮説実験授業は純然たる科学の授業体系ですから、作り出した授業が科学の内容だというだけでなく、「仮説実験授業」の組み立て方や発展そのものも、みごとに科学的です。

では科学的とは何か?

「予想・仮説」を立てて「実験する・確かめる」という方法で確立されてきたものが「科学」です。ですから「予想・仮説⇨実験・確かめ」という方法によらないものは全て、科学ではありません。

「偉い人がこう言っているから正しい」「周りのみんながそう言っているから正しい」という様なものは科学ではないのです。

「確かに私の目にはそう見えた」という様な「現象」を主張しているものも科学とは言えません。たとえば「私には確かに宇宙船が見えた」といっても、「たくさんの住民が怪しい飛行物体を見た。動きも形も今まで見たものとは明らかに異なっている。あれは宇宙人の乗り物だ」と主張しても科学的だとは言えないのです。

「だって見えたんだから本当でしょう」と言っても、その主張をもって、それが真実だとは考えないのです。

おかしなことを言っているから科学的ではない、というわけではありません。手法が科学として成り立たせていない、ということです。

たとえば「宇宙人がUFOで地上に降りたところを見た」と言っているのが突拍子もないことだから科学的ではない、ということではありません。

突拍子もない話というのなら、かつて、コペルニクスやガリレオが主張した

「あの動いている様に見える太陽は実は止まっていて、この地球があの太陽の周りをまわっているのだ」

という言葉の方が、よほど突拍子もないことです。

ガリレオたちの言葉を聞いたほぼ全員が

「どうして私が立っているこの地球が、あの太陽の周りをぐるぐる回っているというのか。大地はまったく動いていないではないか」

と思ったことでしょう。

ですから、「そんなのはありえない」ということが、科学的かそうでないかを決める要素ではないのです。

「予想・仮説⇨実験・確かめ」という方法で確立されていくのが科学です。

ガリレオは金星が満ち欠けをしていることを発見して、自分の予想が決定的に正しいということを発見しました。

不幸にもローマ教皇の法廷で裁判にかけられて、その研究を続けるなら死刑だと宣告されるのですが、ガリレオは、表面上それに従い、幽閉された家の中で研究を続けました。「天は自由だ」というガリレオのセリフが本当かどうかはわかりませんが、家から外に出ることができなかったガリレオにとって、空は自由に科学的思考を広げ得る世界だったことでしょう。

カウンセリングも同じです。

こういう理論で成り立っているから正しい、ということは科学的ではないのです。もしも科学的にカウンセリングをすすめるなら「予想・仮説⇨実験・確かめ」の過程をたどるしかありません。

フロイトがエディプス・コンプレックスを主張し、アルフレッド・アドラーは、それに異議を唱えました。
⇨ エディプス・コンプレックス
しかし彼らは二人とも、自分の思考を拠り所にして「それが正しい・正しくない」と主張しているのです。

ですから科学的な主張とは言えません。

エディプス・コンプレックスが人間のたどる一般的な思考過程だとすれば、どういうことが予想されるのか、それをどの様に確かめていけばよいのか、それに知恵を絞って確かめることがなくてはいけないのです。

その結果、エディプス・コンプレックスは誰にでもあるものだ、と主張されるかもしれないし、そんなことはない、という結論になるかもしれない。どちらにしても、カウンセリングがより一歩、真理に近づいたことになります。

巷にあふれたカウンセリングの流派は100ではききません。来世カウンセリングという、私にとってはどこをどう切っても同意することができないカウンセリングから、論理療法という、かなり信頼度の高いものまでたくさんあります。

それらのカウンセリングで「科学」を標榜するものがあるのか?

きっとあるでしょう。

しかし、それが本当に「予想・仮説⇨実験・確かめ」の方法を経ているのかは、はなはだ怪しい。

LEAPカウンセリンクは、カウンセリング手法そのものが、予想・選択肢を準備して、自分でそのことを確かめることによって、一歩ずつ進んでいくという過程です。

ですから、科学的であろうとしていることは間違いありません。

いろいろな臨床例から、もっとシンプルな体系として提示できる様になると思っています。

今回は、その中から「自分の行動は自分の選択。その行動の責任を受け入れることで成長する」ということを書きましょう。

後半をおたのしみに。

カウンセリングも仮説・実験
たのしい教育研究所です

 

 

 

 

良く読まれている記事