⭕️ 教師向け〈病休・育休等長期休み〉からのリターンtoワーク3回コースがプログラム化されました、関心のある方はお問い合わせください
⭐️「たのしい教育メールマガジン(年購読12,000円-講座等の割引あり)」
⭕️教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付、リモートでのカウンセリングも可能です

琉球おきなわの方言/「これだけは知っておきたい 琉球・沖縄のこと」から

たのしい動画教材プログラム-YouTubeができました!

 首里城の火災があってはじめて、首里城は沖縄県のものではなく〈国〉のものだと知ってびっくりしました、琉球・沖縄に住んでいながら知らないことがたくさんありますね。

 ところで最近、高校の先生が〈本務になるためにスーパーバイズしてもらいたい〉とRIDEに来てくれています。小学校に欲しい人物ですけど、どうしても高校社会というので私も高校の教員試験に合格するための方法を本気で考えています。

 私いっきゅうの思考はたいてい〈自分がそれを学ぶとしたら、自分が受験するとしたら〉という実践格闘技モードです、さっそくたくさんの本を仕入れて自分で解いています。中の一冊がおもしろくてついつい時間をとってしまっています。沖縄時事出版「これだけは知っておきたい 琉球・沖縄のこと〉沖縄歴史教育研究会 新城俊昭 、入門編としてすっきりしたおすすめの本です、格安ですし。

新訂版 これだけは知っておきたい琉球・沖縄のこと

 問題形式になっているのですけど、構成もしっかりしています。

 たとえば〈琉球方言〉のところなどよく知らない私は感心していました。
 大学の講義で聞いてはいるのに、つまらなくて記憶にはありませんでしたが、この本で頭に入りました。

 もちろん〈芋/いも〉は〈いむ〉ではなく〈うむ〉ですし、〈人/ひと〉は〈ひとぅ〉ではなく〈ちゅ〉という独自の単語があるので、「これでわかった」と思ってもすぐに限界を知ると思いますけど、入門的にはちょうどよいと思います。

〈ヌチドゥ 宝〉という言葉が琉歌から来たことや、〈チルダイ〉という言葉の意味など、子ども達と解いてみるとよいと思います。かといって、小学校低学年の子に〈尚寧〉や〈尚泰〉という選択肢のある問題を出すのではなく、クラスの子ども達の様子に応じて出してくださいね。

 

答え編
1.①船(fune) → (funi =フニ)
 ②雲(kumo) → (kumu =クム)
 ③酒(sake) → (saki =サキ)
 ④腰(kosi) → (kusi =クシ)
3 c. 尚泰
4 ・a. がっかりして何もする気力がないこと

 

毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね➡︎もっと深くたのしい教育を味わいたい方は〈有料メルマガ〉をどうぞ!