⭐️たの研〈秋の講座〉2022-11-19予定
⭐️〈PEAL教育カウンセラー養成講座〉予定人数に達しました…「ぜひ受講したい」という方はお問合わせください
⭕️ 教師向け〈病休・育休等長期休み〉からのリターンtoワーク3回コースがプログラム化されました、関心のある方はお問い合わせください
⭐️「たのしい教育メールマガジン(年購読12,000円-講座等の割引あり)」
⭕️教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付

たのしい海岸散歩/海岸を歩く楽しみの一つ〈タネをみつける〉

 先日、海岸を歩いているとこういうものを見つけました、何でしょう?

 海岸に打ち上げられた〈タネ/種子〉です。

 何の種子か?

 アダン(タコノキ科タコノキ属)の種子です。

 アダンについてはこれまでいくつか書いてきました、沖縄で馴染みの植物です、たとえば→https://tanokyo.com/archives/15332

 海岸を歩くと、実はいろいろなタネを見ることができます。

 海水で発芽できる植物はほとんどないので、海岸に打ち上げられる1000個のうちに運よく発芽できる環境に身を置くことができるのは1個あるかないかでしょう。

 見慣れている人には簡単でも、馴染みのない人たち、子ども達は大抵、名前を特定(同定どうていという)することは難しいと思います。
 そういう場合は〈漂着種子〉というキーワードで検索してみてください。

 たくさんのサイト(記事)がみつかります、今現在googleで92万件です。

 沖縄の漂着種子を調べたい時には〈沖縄 漂着種子〉という様に2つのキーワードを打ち込んでください。

 さてアダン(タコの木)のタネに戻りましょう。

 このブラシの様になった部分を見ると、男の子の頭にも見えてしまうのですけど、実用的に利用できるんですよ・・・

これはかなりパサバサになってしまっていますけど、墨をしっかりふくませれば筆がわりになります。

 実際、まだ柔らかい状態のものなら商品化されています。500円くらいです。

 こうやって筆の先にしている人もいます。

 身近な海を歩くだけで、たのしい発見がいっぱいです。
 寒くなりましたけど、厚着して出てみませんか。

 わたしが教師をしていた頃は、一年を通して子ども達と何度も海岸に出ていました。今でもその頃の子ども達から「先生、海散歩、とってもたのしかった」という便りが届くほどです。

毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね➡︎もっと深くたのしい教育を味わいたい方は〈有料メルマガ〉をどうぞ!