⭕️ 教師向け〈病休・育休等長期休み〉からのリターンtoワーク3回コースがプログラム化されました、関心のある方はお問い合わせください
⭐️「たのしい教育メールマガジン(年購読12,000円-講座等の割引あり)」
⭕️教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付、リモートでのカウンセリングも可能です

メールマガジン 充実化!/書くこともたのしく大切な活動です

たのしい動画教材プログラム-YouTubeができました!

これまで、本当にたくさんのところで授業をさせていただきました。

スクリーンショット 2015-07-18 11.32.11

わたしの授業を受けてくれた方たちの数は3年で2万人に迫り、御世話になった皆さん「たのしい教育研究所の活動は予想以上の展開ですすんでいます」と報告できるようになりました。

今こうして綴っている間にも、授業の問い合わせがきています。
授業が好きなわたしにとっては、夢で暮らしているような日々です。スクリーンショット 2015-02-11 21.07.01

そうやっていろいろな処を飛び回る中でも
「書くことでたのしい教育を発信する」
という活動の大切さは忘れたことがありません。

特に去年からその活動にも力を込めてきました。
仲間達のおかげで、その活動も順調にすすんでいます。

昨年度 沖縄県グッジョブ運動の中で作成の運びとなって「たのしいグッジョブ授業プラン」は全県の小学校、中学校に数冊ずつ配布されています。

スクリーンショット 2015-07-18 14.11.24
医師会から声をかけて頂いて協力して作成した「こころのタネ」は県内の全中学生ひとりひとりに配布されています。

スクリーンショット 2015-07-18 14.12.13

そういう活動の中、わたしがもっともたくさんの文章を綴っているのは、この公式サイトと週一回のメールマガジン「教師を辞めても たのしい教育活動はやめられない」です。

それと並行して「たのしい教育研究所」を応援してくださっている方たち向けに、毎週メールマガジンをたのしく綴っています。
スクリーンショット 2015-07-18 14.20.20  当初、かなりの長さに、次の週までに読むというには読み手が大変だと気づき、書く量を減らすように努力しているのですけど、それでも原稿用紙にして20〜30枚程度のボリュームになっています。

内容は「研究所の活動の様子」「たのしい授業の方法」「映画の話」、そして「たのしい教育の発想法」の4本立てです。

現在161号、つまり161週間書き続けてきたのですけど、書きたい題材はどんどん増えてきています。

最新号も充実しています。
紹介させていただきます。

スクリーンショット 2015-07-18 14.21.06スクリーンショット 2015-07-18 14.20.44 機が熟したら電子書籍版でお届けしようと思っていますが、今はPDF版で送っています。興味のある方はお申込みください。スマートフォンやパソコン、タブレットなどいろいろな端末で読むことができます。

 たのしい教育研究の応援月額900円 でお送りしています。

申込みは ⇨ office⭐︎tanoken.com  ⭐︎を@ へメールで

 たのしい教育活動を応援して
元気で賢い沖縄を育てる活動にご協力ください

2015年7月18日 メールマガジン 充実化!/書くこともたのしく大切な活動です はコメントを受け付けていません たのしい教育の哲学 発想法