絵本 おすすめ ヨシタケシンスケ「このあと どうしちゃおう」

久しぶりに「やられた」と感じた絵本に出会いました。

沖縄に呼びたい絵本作家の筆頭「ヨシタケシンスケ」の最新作「このあと どうしちゃおう」です。

やはりこの人は天才だと思います。
絵本 おすすめ ヨシタケシンスケ「このあと どうしちゃおう」

作品は絵本にあるまじき始まり方をします。

「このあいだ おじいちゃんが しんじゃった」

おじいちゃんの部屋をお掃除している時にみつけたノートを紹介する形で展開します。

おじいちゃんのノートには、死んでから後の予定が書き込まれていたのです。

ヨシタケシンスケ このあとどうしちゃおう

しんだらまず ゆうれいセンターへ

とうめいになって しばらくようすをみる・・・

気がすんだら天国へ

 画期的展開です。

 完全なる無心論者の私がノータッチの世界を、天才ヨシタケシンスケは、笑いをもって駆け抜けてくれました。

 すばらしい。

今度の「たのしい教育Cafe」で、たっぷりと味わっていただきます⇨たのCafeで絵本

ご期待ください。この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援票」が入ります☆いいね☆

良く読まれている記事