[一般の方向け]7月のたのCafeは7/29(日)19:00~アウト・ドア「月と火星と美味しい食べものと」もうすぐ席が埋まります/8月19日(日)午前:講座-とってもたのしい自由研究/教員試験二次試験実技特訓:研究所の講座を積極的に受講している方対象/〈たのしい教育〉を学ぶならまず「メールマガジン」好評受付中/ボランティアスタッフ・嘱託スタッフ募集中/教育カウンセリング・論文ドクター(有料:随時受付)
☆☆研究所からの〈返信メール〉は遅くとも三日以内に差し上げています。届いていない場合にはメール受信設定の不具合だと考えられます。電話番号を書き添えていただくと安全です☆☆

たの式顕微鏡ケース その2

 モデルができると、改良はかなり早く進みます。前に紹介した「たの式顕微鏡」のケースとして、100均のトランプと、飲み物の紙パックを利用しました。水をはじきますし、ある程度の強度がありますから、バッグなどに入れて持ち運ぶ時に便利です。

 このトランプでつくった丸い筒の中に〈たの式顕微鏡〉が収まっています。

 

1.まず飲み物の紙パック(大)を3cm巾に切って、ジッパータイプのビニール袋に入れます。

2.トランプの大サイズ(100均にあります)をくるりと巻いて、直径約3cmくらいの筒にして、ホチキスでとめましょう。中にこういう様に収まります

 レンズが乾燥して縮むのを防ぐために、ケースの中を軽く湿らせて、ジッパーをとじます。小さなスプーンで半分くらいの水を入れるとよいでしょう。

 アウトドアでもバッチリ使えます。1日1度のここの「いいね」クリックで〈たのしい教育〉を広げませんか➡︎ いいねクリック=人気ブログ!= みたいときにサッと取り出してこういう風に。

 これはルリハコベです。

良く読まれている記事