アドラー心理学を流行にするのではなく大切に守りそだてる|沖縄 カウンセリング

前に少しかいたけれど、アドラーから学んだカウンセリングについて来週、実技講座を開きます。
大きなフレームが出来て、少し広く整理しようとwebでアドラーを検索しながら驚いた。
アドラー心理学がブームになっている、というのです。

スクリーンショット 2014-08-02 9.48.10日本の書籍でアドラー関係書籍「嫌われる勇気」が1位。
村上春樹よりも、永遠のゼロより売れているのだと…

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために (ベスト新書)
アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉

私は20年以上アルフレッド・アドラーの心理学を学んできました。
その頃は、沖縄で学べる場所は皆無で、何度も何度も県外に足を運びましたから、かけたお金はかなりのものです。
それは実を結び、仲間たちと協力して全国的なアドラー心理学会を沖縄で開催することができたました。講座も勉強会も100回以上開いてきた御陰で、私のカウンセリングの大きな骨子ともなりました。
「それならブームを歓迎したらよいのに」と言われそうですど、本気で心配しているのです。 index

どれだけ力のある人物でも従うしかないものがあって、それが科学的法則です。これを前にすると、生物も生物以外の全てのものが従うしかない。

「社会の科学についての法則」は、「自然の科学の法則」に比べてとても少ないけれど、幾つかはあります。

その一つ…まだ「科学レベルの法則」と言い切るには疑問もあるけれど、 「急激に発展したものは急激に滅びる」という法則があります。 ブームというのはつまり急激に発展するという事です。急速に発展するものは、周りのものとの摩擦が大きく、しばらくすると急速に滅びてしまうのですね。どんなに中身がよいものであっても、それはほぼ避けられない。

だから、じわりじわりと足場をしっかり固めつつ進む事がとても大切で、私が信頼を寄せる「仮説実験授業」はまさにそうやってゆっくりと確かな成長をとげてきているモデルです。当然、うちの研究所も仮説実験授業をモデルにしています。

さて、アドラー心理学流行のきっかけとなったといわれている「嫌われる勇気」の岸見先生とは何度もお話をしたり、メールのなりとりをした事があります。

小柄ですけど、モノの本質を問ういかにも「哲学者」という雰囲気の方で、私も「そのものの本質」を求める学び方をしているので、岸見先生の語る言葉にとても共感を覚えました。

大切にしているアドラーの思想、技法を伝えて行くためには、ブームではなく、確かな時代の変革のきっかけとなるものにしなくてはならないと思います。そのためにも、その骨太の部分が伝わる講座にしなくてはいけません…もっと時間をかけて準備をしたくなりました。

沖縄にはアドラーブームがきませんように。

「楽しいカウンセリング たのしいカウンセリング」

2014/08/02 アドラー心理学を流行にするのではなく大切に守りそだてる|沖縄 カウンセリング はコメントを受け付けていません。 たのしい教育とは

良く読まれている記事