〈予想を持って問いかける〉ことが教材研究の極意

 若い先生たちと授業ワークショップを実施しています。今回のテーマが「予想を持って問いかける教材研究」です。極意中の極意といってよいでしょう。簡単にその内容を書くことは難しいので、興味のある方は研究所のコースを受講してください。※ただし研究所の講座(例えば8/19自由研究)などを受講したことの無い方達は対象とはなりませんので、事前に一般のコースを受講していてください

 〈予想を持って問いかける〉ことは教材研究のみならず、人間が真理を追求してきた(正しいものを見つけてきた)過程、間違ったものにだまされないための過程です。ですから、人間の〈認識〉そのものにとってとても重要なものだということができます。

 仮説実験授業研究会の板倉聖宣が仮説実験授業を提唱した初期の頃にまとめた重要な論文「主体的人間の形成と仮説実験授業」の中でこう述べています。

 自分自身の予想をもって、自然に、あるいは社会に問いかけなければ、われわれは社会の実態、あるいは自然の実態について知ることはできません。

 

 私たちのまわりの星は、すべて地球を中心として回っているように見えます。ですから、人々が天動説を考えるのはあたりまえなことであります。

 つまり、われわれは自然から一種のデマ宣伝を受けているわけであります。これを切り崩すためにはどうしたらよいか。私ははじめにこの問題の研究を手がけました。そして次のようなことを見出しました。

 人々が天動説のあやまりを見出し地動説に達することができたのは、何も星を正確に、精密に観測することではなかった。そうではなくて、もっと大きく目を見開いて、自然の全般的な姿について自分の空想をもつことが必要だということであります。

 ものにとらわれずに自由な自分自身の立場を確立し、その自由な立場から自然に大胆に問いかけていくということによってはじめて自然のデマ宣伝や常識の限界をうちゃぶることができるのだ、ということを明らかにすることができたのであります。

 教育は〈人間の認識〉と共に歩む活動です。
 人間の認識を問題にする限り、〈予想をもって問いかける〉活動は、その基本となるべき重要なものなのです。

 たとえば子ども達への授業で

「今日の授業はかけざん九九です。では二の段から覚えましょう」

というようにして授業に入る場合と

「みんなぁ、2を二回足すといくら?」
「4」
「じゃあ2を4回足すと?」
「・・・8」
「先生はね、たとえば2を7回足したり、4を6回足したりする答えを、みんなより早く出すことができるよ、勝負してみない?

 計算機を使いたい人がいたら、計算機で足し算して、先生と勝負してもいいですよ」

 もちろん、かけ算九九を知らない子ども達と勝負すれば、それを知っている者が圧倒的に早く答え出すことができますね。

「先生、はじめから答えを調べてメモしておいたわけじゃないよ。
どうやっているんだろう?
どうすれば先生みたいに早く答えを知ることができると思う?
 実はね。これからの授業をしていくと、みんなも先生みたいにパッと答えが出せる様になるんだよ(^_^」

 そうやって、子ども達の興味関心を高めていく〈たのしい教育〉の方が、ずっと子ども達の集中力も高まり、結果としてかけ算九九の定着率も高くなります。

 国語でも算数でも理科でも社会でも体育でも、教育と名のつくものなら〈予想をもって問いかける〉という授業が極意です。具体的にそして丁寧に、いろいろな教育関係者、そして教師を目指す人達に伝えていきたいと思っています。

1日一回の「いいね」クリックで〈たのしい教育〉を広げませんか-〈人気ブログ〉いいねクリック⬅︎ジャンプ先のページでもワンクリックお願いします

良く読まれている記事