• [一般の方向け] 2020年2月29日(土)春の出会いも別れもたのしい教育/02.17~21出前児童館(無料)大人のみボランティア参加可能/教員採用一次試験合格スーパーバイズ/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付
  • 「生きものの持ちかた-その道のプロに聞く-」たのCafe〈おすすめ本〉

    「生きものの持ちかた」は今月の〈たのしい教育Cafe〉でA先生が紹介してくれた本です。参加したたくさんの方たちから「欲しい!」という声が上がっていました。


     いわゆるお堅い教科書的なものかと思ったら、中身がけっこう面白い。

    〈サソリの持ちかた〉という「一生使わない持ち方だろう」と思える様なページもあります。

     もちろん男の子ならたくさんの子が挑戦したことがあるだろう〈カブトムシ〉や〈カマキリ〉の持ち方も載っています。

     〈カエルの持ち方〉では「ヒキガエルは毒がある」ということもしっかり説明してくれています。

     「ほー、専門家たちはこんなスタイルで持つのか」ということを感じるだけでなく、読んでいるうちに生き物についての知識も身について来ます。

     1620円ですから子どもが買うには高い値段だと思いますから、家族に相談するか、図書館の先生に話して入れてもらうとよいと思います。

    発売日:2015/08/09

    出版社: 大和書房

    サイズ:21cm/127p

    利用対象:一般

    ISBN:978-4-479-39281-1

    1日1回のクリックで一緒に〈たのしい教育〉を広げませんか-こちらをクリック

    よく読まれている記事