[一般の方向け]教員採用試験ワークショップ本コース:随時受付中/沖縄市出前児童館(無料)12/10~14:子ども対象、大人も受講可能/好評受付中「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付/12月のたのしい教育cafeは〈クリスマススペシャル〉予定

こういう宣伝に騙されないために/この商品は化学物質を使用していません!化学物質は危険です!/〈たのしい教育〉

 〈化学物質は手が荒れるだけでなくとても危険です!〉  以前〈洗剤〉の訪問販売の方が来て私に力説したことがありました。相手に迫力があったのと、私に時間があったのとで、結局その洗剤の汚れ落ち具合の実験も見てしまい、「お~、気持ちよい落ち具合だ」と、買ってしまいました。
 ちなみに宗教などが強く苦手な私ですけど、ある日たずねてきたおばあちゃんが熱心に、人の生き方とか神様の話をするので、断れずに二時間くらい聞いていたこともありました;私の宗教苦手度を知っている人からすると信じられない様な本当の話。
 基本的に人間が好きなのです。

 話を戻します。
 洗剤の話を熱心に聞く上に、決して安くない価格の洗剤を学校用と家庭用とで複数購入したので、訪問販売員の方と仲良くなってしまいました。
 代金を支払う時に〈購入しますけど、わたしは科学が好きなので、少し話をしてよいですか?〉というと、「もちろんです」ということになり、今度は販売員の方が、わたしの話をとても熱心に聞いてくれました ※後日、販売員仲間(たしか三人)でたずねてきて、同じ話を聞かせてほしいとたのまれ、いろいろ質問されることとなりました;ウソみたいな様な本当の話 その2

・地球上で〈化学物質〉意外の物質を探すことはできない

・危険な化学物質もある。安全な化学物質もある。人間を助ける化学物質もある…たとえば化学物質の〈薬〉はたくさんの人たちを治療してきた
・だから〈化学物質は危険〉というのではなく〈危険な化学物質〉もあって、それは避けたいという話なら理解できる

・この宇宙にある物質(化学物質と言ってもよい)を水に溶かしてみると、全て〈酸性・中性・アルカリ性〉に分類することができる⬅これは素晴らしい発見
・この洗剤をみると〈アルカリ性〉の化学物質が〈たん白質〉や〈油汚れ〉を落としている

・ただし〈アルカリ性〉の物質にタンパク質を溶かす性質があるということは、タンパク質でできている生命体・人体には基本的に有害⇒必要以上に触れない様にしたい

 そういう話です。
 ※地球上の物質は全て化学物質だということについては、たとえばこちらを参考にしてください。経産省のサイト⇒こちら

 学校の授業やたのしい教育研究所での授業の中で、科学をたのしんで学んでいく人なら、次第にそういう力がついていくに違いありません。しかし多くの人達が感じていく様に〈科学は嫌い〉〈化学の話はついていけない〉と子ども達が感じていく様な授業が行われていくと、そうはならないでしょう。

 たとえばこういうph試験紙(酸性・中性・アルカリ性の強さを測るペーパー)を利用して、たのしく学べる様な授業で、いろいろな物質を酸性・中性・アルカリ性の視点で分類できて、その強さや性質についても分類できる様になっていきます。


 子ども達の家庭学習で「〈涙〉は何性なのか」予想を立てて、この試験紙で実験してくれたことがありました。
 その発表に他の子ども達もわたしもおどろく発見をしたことがありました。
 そうやって、酸性・中性・アルカリ性をたのしみながら学んでいく中で、科学上の大切な原理や法則を感動を持って自分のものにすることができます。
 たのしい教育で育った子ども達は、確かな視点でものごとをみていくので、簡単にだまされる様なことは少なくなるでしょう。
 たとえば〈水はなんでも知っている〉という様なことにだまされない人たちを育てることも〈たのしい教育〉の大切なテーマです。一緒に〈たのしい教育〉を広げて賢い笑顔を育てる活動に参加しませんか。〈簡単な方法〉があります。このリンクのクリックで少しずつ拡がります!

良く読まれている記事