[一般の方向け]8月19日(日)とってもたのしい自由研究」 満員御礼!⇨予想よりかなり早い段階で満席となりましたのでさらに数席追加受付中/教員試験二次試験実技特訓/「たのしい教育メールマガジン(有料)」好評受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付

板倉聖宣/仮説実験授業研究会代表 から学んだこと-見舞いの中でたくさんの心の交流-

 新年の間隙をぬって偉大なる人物 板倉聖宣(仮説実験授業研究会代表)、そしてこの人がいなければ板倉聖宣はこれほどたくさんの成果を出すことはできなかったと言ってよい程の人物 板倉玲子さんとたくさんお話をしてきました。
 残念ながら板倉聖宣は普通に語ることはできません。けれど耳はとても良いのです。私が語る一言ひとことを、とても丁寧に聴いてくれて、頷いたり、腕を伸ばし私の手を握ってくれたり、涙を浮かべながら頷いたりしてくれます。

 玲子さんあっての板倉聖宣だという思いは私の本心です。これだけ〈支え尽くすことができる人物〉は探してみつかるものではありません。玲子さんの元気もたのしい教育研究所の仲間たちと応援したいと思っています。
 この写真は、沖縄のメンバーからのプレゼントで今年の干支の手作りマスコットを板倉先生ご夫婦にプレゼントした時の様子です。玲子さんもとても喜んでくれました。。

 

板倉聖宣へたのしい教育研究所からのプレゼント;玲子さんと板倉先生ペアの手作りマスコットをお二人が喜んでくれているとこ

 二年前の〈サル〉のマスコットも、昨年の〈トリ〉のマスコットも喜んで下さっていて、ベッドの近くに掲げて下さっていました。嬉しいことです。ちなみに真ん中の袋の中にあるものは〈アオイガイ〉というハート型の貝で、いつも寄り添う玲子さんと板倉先生をイメージして、たのしい教育研究所のメンバーからプレゼントしたものです。

 板倉先生はたのしい教育を大きな力で応援して下さっています。
 四十年程前、沖縄に芽生え始めた〈たのしい教育〉を応援しようと、何度も飛んで来て下さいました。
 私が仲間たちと〈たのしい教育研究所〉を立ち上げる時にも〈応援団〉として真っ先に名乗りを上げてくれています。その後もいろいろお話を伺う機会もありましたが、病気に伏してからは、わたしが年に何度か病床を訪ね、手を握りながらお話しをして来ました。
 板倉先生の介護や治療の時間もありますから長い時間お邪魔することはできませんが、たいてい三~四時間くらいはベッドの側で語りかけています。それを積算するとかなりの時間になります。
 実は今回訪ねた時、これまでかなりの時間語り合ってきた中で、最も強く手を握ってくれたひと時がありました。

 話はかなり前のことと関わります。
 数年前私が〈無神論者の人生論〉を執筆するために東京で板倉先生に取材を続けていた時のことです。
 板倉先生は、これまでわたしが書いたガリ本を評価して下さっていて〈自分(板倉)の書いたもの、語ったものをキミの文章でどんどん紹介してくれて構わない〉と許可してくれました。

 そのことを覚えていますか、と語り出して
板倉先生は今、自らの考えを語ったり書いたりできませんけど、これまで私が学ばせて頂いたことを、若い人たちにもたくさん紹介していますからね!」
と話した時のことです。
 しっかり私の顔を見て目を大きく開き、今まで聞いたことのないほど力強く「あー」と声を出し、強く手を握ってくれたのです。わたしには〈よろしくたのむ〉といっている様にしか聞こえませんでした。
 その後も板倉先生とたくさんのことを語り合い、とても意義深い年の始まりになりました。
 これからもこのメルマガを中心に、しっかりと伝えていきたいと思いを強くする時間になりました。
もちろん、これまで板倉先生の講演やトークを文字起こししたり、古い文章を再編集したたくさんの経験を最大限に活かして、板倉先生が語りたかった、伝えたかったことが、より伝わりやすい独自の編集を加えてて提供しています。
 メールマガジンでは〈たのしい教育の発想法〉として板倉聖宣の語ったことをいろいろな面から紹介しています。最新号で取り上げた〈お金の問題〉も読者の皆さんから反響大きかった内容でした。
 興味のある方はぜひお申込みください。

たくさんの人たちの〈学ぶ笑顔と賢さ〉を育てる活動に賛同してくださる方は、このリンクをクリックすることで活動を後押しできます。ぜひ知り合いの方たちにもおすすめ下さい。

良く読まれている記事