[一般の方向け]教員採用試験ワークショップ本コース:随時受付中/沖縄市出前児童館(無料)11/12~16:子ども対象、大人も受講可能/好評受付中「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付/12月のたのしい教育cafeは〈クリスマススペシャル〉予定

たのしい星空の世界・たのしい宇宙の眺め

 〈たのしい星空の世界・たのしい宇宙の眺め〉という教材、授業プランの作成に向けて学び直しています。昨年は〈たのしい植物カレンダー〉をはじめとして〈アウトドア植物観察〉などに力を入れて、それらがこの三月にまとまったので、今年度は〈星空・宇宙〉がテーマになりそうな予感がしています。


  〈たのしい教育〉という視点で眺めれば、手がけたい教材は果てしなく広がります。教科書もあれば、巷(ちまた)にも数えられない教材があります。しかし〈たのしく賢く笑顔を広げる〉という視点、そして〈教師が無理せずに提供できる教材〉という「たのしい教育」の視点からみると、満足できる教材は、わたしたちのたのしい教育研究所が作り出し、あるいは見出していくしかないというのが現状です。

〈教師が無理せずに提供できる教材〉という基準はあいまいではなくかなりハッキリしています。「〈出産予定〉〈小さな子がうちにいる〉という女性の先生たちでも無理せず実施できる教材」です。そういう先生たちには、とにかく時間がないのです。体力的にもかなり制限されます。※男性はそうでもない、というところが女性の過重負担を意味しているところでもあり、申し訳ない気持ちがします
 そういう極端に時間などが制限される先生たちでも無理せずに〈この教材やってみよう〉と思える様なものを開発する、それは板倉聖宣から教えてもらったことであり、わたしが「たのしい教育研究所/RIDE」を設立した大きな目的の一つです。

 さて〈夜空を眺める〉〈星を見る〉という活動を、どれくらいの人たちがたのしんでいるのでしょう。
 研究所に顔を出してくれる方たちにリサーチしたところ、バードウォッチャー(鳥を眺めてたのしむ人たち)もほとんどいませんが、スターウォッチャーもほとんどいません。
 わたしの知人関係で探せば二~三人くらい頭に浮かんで来ましたが、わたしの知人リストからその数というのはかなりの少なさです。
〈たのしい教育研究所〉のある沖縄は星空観測に適した場所です。

 星空をたのしむ人たちがたくさん出てくれる様な、たのしい授業プランを作成しようと思っています。

 〈星座の名前をたくさんいうことができる〉とか〈星の動きをちゃんと予測できる〉という様な人たちを育てたいわけではありません。


 星座の名前は二つ三つくらいで十分ではないかと思いますし、星座を知らなくてもたのしめる〈星空眺め〉こそ本物ではないかという気持ちもしているくらいです。しだいに星空に魅了されて来た人たちが〈星座〉について調べ始めるということでよいのではないかな。

 この記事を読んでいる皆さんは〈夜空〉を眺めることが好きでしょうか。
 もし好きだという人がいたら、どういうところが好きなのか教えていただけると嬉しいです。その声を〈たのしい教育研究所の教材〉に活かして、皆さんと一緒に活動を広げていけたら幸いです。この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉を応援することができます !

 

良く読まれている記事