[一般の方向け]教員採用試験ワークショップ本コース:随時受付中/沖縄市出前児童館(無料)11/12~16:子ども対象、大人も受講可能/好評受付中「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付/12月のたのしい教育cafeは〈クリスマススペシャル〉予定

予想チャレンジは簡単です① カミナリ/[自由研究]アリ退治に効く商品は?(スーパーなどで入手できる製品)

 予想を立てて実験(チャレンジ)することは正しくものごとを解決していく唯一の方法です。〈予想⇨チャレンジ〉の手法を身につけていくのは難しいことではありません。

 わたしたち人間は自然に〈予想〉をたててしまう生き物です。人間の頭脳の進化は予想することと歩みを一つにして来たと言ってよいと思います。

 今の様に社会が発展する以前、原始時代でもそうでした。

〈あの空の色だと、これから雨がふるかもしれない〉
〈この潮の流れだと魚がたくさんとれるかもしれない〉
〈この空からやってくる光の衝撃(カミナリ)は神様が怒って落としたに違いない〉

〈この石を使うと木を倒すことができるかもしれない〉
〈この海の向こうには宝の山があるかもしれない〉etc.

 

 それが真実かどうかに関わらず、とにかくたくさんの予想を立ててきたのです。

 そして「間違いなく、その通りだ」と確かめてられたものが科学的な事実・法則になりました。

 カミナリは神様が発生させているものではありませんでした。
 そもそも何でもかんでも神様のせいにしていたものを、そうではないと明らかにしていったのが科学でした。

 カミナリは空の上で雲となった水分子・氷の塊たちがこすれ合って発生した静電気たちがまとまって地上に落ちてきたものでした。

 静電気は必ず地面に向かって落ちてくるのでしょうか・・・

 四方八方に飛んでいく気もしませんか。

 あなたはどう思いますか?

予想
ア.カミナリは上にもヨコにも飛んでいく
イ.カミナリは地面に向かって飛んでいく

ウ.その他

どうしてそう予想しましたか?

 

⬇︎

⬇︎

⬇︎

⬇︎

 

 科学者たちはカミナリが飛んでいく方向についても予想して確かめて来ました。

 これをご覧ください。
 カミナリは上にも飛んでいくのです。

 

 雲の中で発生するのでヨコやナナメに飛ぶカミナリの写真はなかなか見つかりません。

 しかし例えば〈飛行機の安全性〉について記載されたサイトを見ると、カミナリがヨコに飛んでいくこともわかります。「飛行機の安全性」について記載されたサイト(こちら)から引用してみましょう。

 地上と違って、上空では雷は上から落ちてくるとはかぎりません。雷雲が下にあれば機体の下から、雷雲が横にあれば機体の横から来ます。そのため「雷が落ちる」という表現は使わず、「雷を受ける」というのです。

 心配になる人がいるかしもれませんから、飛行機がカミナリに打たれたらどうなるかについても引用しておきましょうね。

 もっとも、これらの問題は、安定した飛行が揺るがされるほどの大問題になることはありません。旅客機の場合、一時的に通信機器や計器類の一部に支障をきたしても、他の機器で補えるような安全設計がなされています。

雷があたったために墜落した旅客機の話を聞いたことがないのは、雷にそなえた仕組みがきちんとできているからです。

 当然、乗客の身の安全も十分保証されています。

 

閑話休題(話を戻して)

 私たち人間は〈予想チャレンジ〉で、どんどん新しい発見をして来たのです。そしてその発見は、いろいろな人たちの豊かさ・幸せに結びついていきました。

 

〈予想から仮説へ〉つまり〈仮説は予想から〉

〈予想チャレンジ〉の方法が身についてくると、いろいろなものごとに広く成り立つようなものについて予想できる様にもなってきます。
〈広くいろいろな物事について成り立ちそうな予想〉を「仮説」と呼んでいます。

 人々はこの社会、地球全体、宇宙全体に成り立つ様な事実・法則を数々発見していきました。その具体的な内容はまたいずれ機会がくれば書かせていただきます。いずれその時に・・・

 仮説を思いつく様になると、広くいろいろな人たちに役立つことがたくさん出て来ます。しかし初めから〈仮説を思いつく〉というのは困難です。

 まず、軽い気持ちでいろいろな予想を立ててくるとよいのです。

 後半は、わたしいっきゅうが予想チャレンジしたことを紹介しましょう。

 最近、我が家にアリが目立つ様になりました。沖縄でごく普通に見られる〈イエヒメアリ〉です。

 家の中を探すと「あり退治」の薬剤が二種類見つかりました。

 さっそく試してみることにしましょう・・・

              つづく

たのしく賢い笑顔が育つ〈たのしい教育〉に全力投球、たのしい教育研究所です。この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援票」が入ります!

 

 

良く読まれている記事