• [一般の方向け] 2020年2月29日(土)春の出会いも別れもたのしい教育/02.17~21出前児童館(無料)大人のみボランティア参加可能/教員採用一次試験合格スーパーバイズ/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付
  • 桜の超早咲き/生物の多様性

     先日の我が家の桜の開花の話やカエデの紅葉の反響が届いています。ある方は実際にカエデの紅葉を見にいって、落ちた枝を拾って来てくれました。
     上の方はこれよりずっと赤かったということです。


     さて毎年ほとんど花を見せることのない第一研究所の桜の樹、10月の今の時期にたくさんの花を見せてくれています(前回の記事)。

     その話をRIDE(ライド)のスタッフにして、第三研究所の近くの公園の桜の樹を一緒に見にいくことにしました。

     ア~ルも一緒です。

     どうでしょう、咲いているでしょうか?

     みなさんはどう思いますか?
     〈そんなこと予想してもしょうがない〉と感じる人もいるかもしれません。しかし〈予想を立てて初めて見えてくること〉があるのです。

    〈10月の桜の開花はとても限定的だ〉と考える人は〈いろいろなところで花開いていることはない〉と予想するでしょう。
     そうではなく〈一つの桜が花開いていたら、きっと他の桜の開花を見つけることも難しくない〉と予想する人もいるかもしれません。

     ちなみに私いっきゅうの予想は後者です。

     予想

     ア.第三研究所の近くの公園の桜も花開いている

     イ.花はまだ開いていない

     どうしてそう思いましたか?

     

     ア~ルも含めて研究所のスタッフで歩いている様子です。

     

     一見花などみつからない桜の樹です。
     道ゆく人も散歩する人も花など咲いてないと思うことでしょう。

     ところがそうでもないんですよ。
     もう一度この上の写真をゆっくり眺めてください。
     桜が二ヶ所に写っています。

     

     この写真はどうですか?
     よーく見てください。

     そうです、向こう側に見えている車の下の位置をよく見ると桜が何輪も花開いています。

      目が慣れてくると、花がたくさん見つかる様になります。

     

     ア~ルは特に興味がなさそうですけどキレイな桜が花開いています。

     皆さんの周りの桜はどうですか?
     うちの周りの桜は開いていないでしょう、と決める前に、まずゆっくりと眺めてみませんか。

     もしよろしければ〈開いている開いていない〉という報告をいただければ幸いです。

     毎日たのしい教育に全力投球、RIDE( ライド:たのしい教育研究所 )です。
     みなさんの応援クリックが元気を育てます。この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援票」が入ります☆いいね☆

     

     

     

    よく読まれている記事