[一般の方向け]2019-0803 大人気〈自由研究で大人も子どもも先生もたのしもう〉 /07.16~22沖縄市出前児童館(無料)、大人もボランティア参加可能/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付/

「失敗は選択肢ではない」ジーン・クランツ/有料メルマガより

 久しぶりに〈いっきゅうoffice〉が毎週金曜日に会員向けに発行しているメールマガジンからお届けしましょう。


 最近の号で「こども達に贈る言葉シリーズ」を書いたところは特にジーン・クランツの言葉に対しての反応がいくつも届きました。
 それを載せましょう。

 最後は私が大好きな人物ジーン・クランツの言葉です。

 クランツは宇宙飛行士ではありません。フライト・ディレクターといってアポロ計画の地上班の指揮官です。

 クランツはいくつものミッションを成功させましたが、先ほどのシュワイガートの乗船していたアポロ13号のミッションで「宇宙探査関係者でこの人を知らない人はいない」というほど有名になりました。

 機体のトラブルで地球に戻れない状態になったアポロ13号を無事生還させる指揮をとり、全員無事に帰還させた功労者です。

 以前このメルマガにも書いたことがあるのですけど、私はNASAの公式センターで授業させてもらった時、ジーン・クランツとトイレで偶然出会いました。会釈すると向こうも会釈してくれたのですけど、人生の宝物の一つです。

 映画アポロ13ではエド・ハリスが彼を演じていました。実在の人物を演じた全ての映画の中で、この江戸・ハリスのジーン・クランツが最高峰だと思っています。いずれまたこの映画について紹介できると思います。

 師の板倉聖宣はよく「実験に失敗なんてないんだよ、それは予想が外れただけなんだ」と語っていましたが、ジーン・クランツは情動的な意味で同じことを語っていると思います。

 

 クランツは組織論としても記憶に残ることを語っています。

 彼が部下たちに強く語っていたことの一つです。

Don’t hide mistakes !

ミスを隠すな

 仲間の教訓になるからだ、というのです。

 

 学校に勤めていた頃〈校内研修〉の担当をすることもありました。
 何かの慰労会で仲間たちと語り合っていたとき
「ねぇ、夏休みの校内研のテーマで〈失敗を語る〉というのはどうだろう?
特に若い先生たちには学びになることが大きいとおもうんだけど」
と提案すると
「それはおもしろい」
と大いにもりあがりました。

 

 その後、管理職との企画会議であっさり却下されてしまいました  ̄ェ ̄

 が、今でもとてもいいアイディアだと思っています。

 クランツになって、ついつい長くなってしまいました。

 いかがでしょうか。
 「失敗を語る」については、ぜひ誰かがためしてみてもらえたらと思っています。
 親子で語り合うのもとてもよいと思います。

毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね☆

 

良く読まれている記事