[一般の方向け]09.25(水)たのしい教育Cafe/教員採用一次試験 基礎ワーク4回コース開催中/09.17~30沖縄市出前児童館(無料)、大人もボランティア参加可能/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付/

肉食系・草食系という言葉を自由研究する-後半-

 前回の続きです、さっそくいろいろな反響が届いています。書く側の元気が高まるのが読者の方からの便りです!
 肉食動物は強い、草食動物は弱々しいというイメージについて勝手に研究してみました。
 後半をどうぞ。


 川に住む生物の最強はワニだと思っている人が多いと思います。
 しかしいろいろな情報からみると〈カバ〉だというのは間違いなさそうです。


 カバも草食動物です。

 これは縄張りに入ってきたワニをカバが追い払っているシーンです。

 

 サイの突進力はものすごいものがあります。
 自動車を横転させるくらいのパワーは十分にもっています。

 サイも草食動物です。

 バッファローは、その名前がパワーの代名詞として使われるほどで、スポーツチームや電子製品その他、いろいろなものに利用されています。

 これはバッファローがライオンの群れに突進して、うちの一匹をなぎ倒しているシーンです。


  バッファローは牛の仲間、草食動物です。

 陸上の動物で最強だといわれているのは何か?

 実はゾウです。

 怒ると手がつけられないというので、とても恐れられています。


 これは川辺の生物最強だというカバをゾウがなぎ倒しているシーンです。

 ここまでみてもらって、どういう感想をもったでしょう?

 少なくとも〈肉食系は強い、草食系は弱い〉というイメージは怪しいといってよいと思うのですけど、どうでしょうか。

 テレビで自然系の番組が好きな人たちは、〈百獣の王ライオン〉という様な表現にまどわされてしまいます。


 しかし、よく考えてみてください、ライオンたちが動物を襲うシーンを冷静に見ると〈ターゲットの動物たち〉の中の〈最も弱い一匹〉を〈こちらは群れ〉で襲いかかっていることがわかりますね。

 こんなカンジです。


 ちなみにキリンもかなり強い動物で、横蹴り一発でライオンを死に至らしめるパワーがあります。

 TV番組などではライオンが勝っているシーンばかり見ると思います、しかし実際はキリンに蹴散らされていることが多く、それを知っているのでライオンたちは大人のキリンを襲うことはないということです。http://animalkun.org/archives/175  

 そうですキリンも草食動物です。

 身体が弱っている一匹を狙う、あるいは幼い動物を狙う、それもこちらは群れで襲っていく・・・・

 お互い強い大人が一対一で闘ったら強いのはどちらなのか?

 草食系は弱々しい、肉食系は強くたくましい、そういうイメージはテレビ番組が作ってきた虚構だと私は考えています。たしかにライオンは強そうな顔をしてます、おとなしそうに見えるゾウより風格もある。百獣の王という表現がテレビなどでどんどん拡散されていったのでしょう。

 どうしてサラダみたいなものを食べている草食動物が、たんぱく質の塊である肉を食べている動物よりパワーがあるのか?
 それはまた別な自由研究で、とてもたのしいテーマです。
 興味のある方は、自分でも調べてみてくださいね。

 ということで、 草食系、肉食系という言葉が以前から気になっていたので書いてみました。
 小中学生のみなさん、気になる言葉があったら、それについて周りの人たちにたのしく説明できる様に研究してみるとよいと思いますよ。
 おすすめです。

 毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね➡︎もっと深く学びたい方は〈有料メルマガ〉をどうぞ!

 

良く読まれている記事