[一般の方向け 10.30(水)たのしい教育Cafe/教員採用一次試験 基礎ワーク4回コース開催中/10.15~21沖縄市出前児童館(無料)、大人もボランティア参加可能/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付/

マンガとたのしい教育① 萩尾望都作「日出処の天使」

〈読書とたのしい教育〉について書いたら〈マンガとたのしい教育〉について書きたくなりました。

 まずは先日、研究所に学びに来た先生たちにお勧めした「山岸涼子作 日出処の天使/ひいずるところのてんし」.から。

日出処の天子 全11巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]

 厩戸皇子(うまやどのみこ、うまやどのおうじ)、のちの聖徳太子が主人公。たのしい社会の勉強だと思ってもよいでしょう。

 小学生には刺激が強すぎると思います、高校生くらいからがよいかもしれません。

 山岸さんの大胆な仮説は仮説として、そのまま読み始めていくうちに、自分がまるでその時代にいるかの様な感覚になると思います。

 そうなればシメタです。
 歴史を単に記憶教科だと割り切っている人たちにとっては特に、〈飛鳥〉という古い時代の激動を生き生きと感じることができると思います。

 毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね➡︎もっと深くたのしい教育を味わいたい方は〈有料メルマガ〉をどうぞ!

 

良く読まれている記事