• [一般の方向け] 2020年2月29日(土)春の出会いも別れもたのしい教育/02.17~21出前児童館(無料)大人のみボランティア参加可能/教員採用一次試験合格スーパーバイズ/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付
  • New教員採用試験合格ワークショップの準備本格化/たのしい教育派の先生たちを学校現場に送る試み

     RIDE(ライド)がとても力を入れている一つが〈教員採用試験合格WS〉です。
     11月からの新しいコースに向けて本格的な準備が始まっています。
     わたしの実施する何百人規模の授業や講演と違ってごく少数のコースですけど、それに臨む熱量は半端ではありません。
     これは準備会議でまとめたブレインノート、この設計の元に準備はフルスピードですすんでいます。

     コース開催に向けてこれまで合格した皆さんへのアンケートを実施しました。RIDE(ライド)のコースが本当に効果的であったのか、もっと工夫できるところはないかを具体的に掴むためです。
     帰ってきたメールには予想を超えた感動的な想いがたくさん綴られていました。
     長い文章の一部を切り取って紹介します。個人情報的な部分は伝わらない様に加工してあります。

     私は〈本務になりたい!〉と思った時から何年も、本当に悔しい思いをしてきました。
     途中、私はこのままこの高い山を越えられないのでは…と落ち込む日も多々ありました。
     でも、私が学んだたのしい研究所では1人ではありませんでした。
     優しい言葉で励ましてくれたり、がんばれとスイーツで癒してくれたりと、何度も背中を押してもらいました。

     たのしい研究所では、毎年たくさんの合格者を出して来ました。その一人一人のみなさんと一緒に学ぶことで、勉強法やアドバイスを受け、いち早く自分にあった勉強法を身に付けることもできました。

     また気軽に何でも聞ける仲間もいました。

     だからこそ、スランプに落ちて苦しい時期も頑張れたんだと思います。
     私も合格できるのだと思わせてくれたのは、きゆな先生やスタッフさんをはじめ、共に頑張れた仲間がいたからです。

     こういう感覚を持ちながら学ぶことができる人は、ステキな先生になるなぁ、としみじみ感じてしまいます。


     RIDE(ライド)は塾ではありません、引き受けているのは本人が「本当に合格したい」と考えているというだけではなく、たのしい教育で子ども達の学ぶ笑顔を育てていく力を高めていこうという先生たちです。

     たのしい教育の見方・考え方や講座でのたのしい教育プログラムを学ぶ中で、その人たちがどんどん輝きを増し、「この人を早く本務にしたい」という想いが高まっていきます。
     新しいコースもさらにブラッシュアップした内容でまた来年、合格者をたくさん出したいと思います。

     少数で実施して来たワークショップですけど、そろそろ枠を広げて、たのしい教育のセンスを高めながら合格特訓をすすめる流れを模索しはじめています。

    毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね➡︎もっと深くたのしい教育を味わいたい方は〈有料メルマガ〉をどうぞ!

     

    よく読まれている記事