RBCファミリーデイで科学の授業 − 評価と感想文

以前わたしの授業を見に来てくれたテレビ局のディレクターさんから授業の依頼が来ました。
「ファミリーDay」という家族サービスの日があって,そこで授業をしてもらえないか,という事です。
もちろん,たのしい教育活動が広がるなら即Yes。
スクリーンショット 2014-09-13 17.51.28
今日がその授業の日でした。
親子70名くらいです。
キャラクター「3ちゃん」とも仲良くなって握手を交わしたのですけど,力強いのね。

テーマは「人間はすばらしきチャレンジャー」

予想以上に小さな子ども達が多かったのですけど大いにもりあがりました。

※たのしさ度※スクリーンショット 2014-09-13 17.45.12
5.とてもたのしかった…98%
4.たのしかった…2%
3.なんともいえない…0%
2.つまらなかった…0%
1.とてもつまらなかった…0%

※理解度※
5.とてもよくわかった…92%スクリーンショット 2014-09-13 17.51.00
4.よくわかった…8%
3.なんともいえない…0%
2.あまり分からなかった…0%
1.全く分からないかった…0
いろいろな実験を交えての授業でした。
びっくりしている子ども達もいます。

スクリーンショット 2014-09-13 18.04.06感想もとても感動的でした。
三〜四歳くらいの子から参加してくていたので,もちろん文字の書けない子ども達も何人もいました。
その中でもやっと習いたての字でゆっくりがんばって書いてくれた子たちが何人もいました。
感動的な感想文です…これだから「たのしい教育活動」はやめられません。

子どもと大人のそれぞれを載せます。
スクリーンショット 2014-09-13 18.09.09 スクリーンショット 2014-09-13 18.10.05たのしい教育活動…
ますます加速中です。

2014/09/13 RBCファミリーデイで科学の授業 − 評価と感想文 はコメントを受け付けていません。 たのしい教育とは

良く読まれている記事