• [一般の方向け] 教員採用一次試験合格スーパーバイズ/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付
  • たのしい植物入門「ガジュマルの花と実(タネ)の話」自由研究

     沖縄では、いろいろなところで目にする木、ガジュマル。よその県ではあまりみない植物なので、ガジュマルといえば沖縄をイメージする人も多い様です。

     これは沖縄市役所のそばに生えているガジュマルです。

     話し合いがあって帰る時、その樹に実ができているのが目に入りました。

     この緑の丸くなっているものがガジュマルの実です。

     

     一粒とってみましょう。

    小さなビー玉くらいの大きさです。

     ガジュマルの実があるとすると〈花〉もあるはず。

     ところが探してみてもみつかりません・・・

     

    これはどうしたことでしょう。

     花が咲かずに実(タネ)がなるということがあるのでしょうか?

     けんたくんは、最近、学校で「花が咲いて後、その子房の部分が大きくなって〈実・タネ〉になる」と習ったところです。


     不思議に思ったけんたくんは、「もしや」と思い、お父さんに聞いてみました。

     するとお父さんは、いつもの様に「けんたの予想は?」

     と聞いてきました。

     お父さんはいつも「予想を立ててものごとをみつめていくことが、とっても大切だよ」といいます。
     だからけんたくんもすぐに〈予想〉を立てていました。

    けんたくん
    「あのね、ガジュマルというのは特別な木で、花が咲かずに実やタネができるんじゃないかと思う」

    お父さん
    「どうしてそう思ったの?」

     そう聞くのもいつものことです。 

    けんたくん
    「だって、世界にはとてもたくさんの植物があるでしょ、そのうちのどれかは、花がさかずに実がするっていうものもあるんじゃないかなと思って」

    お父さん
    「なるほどなるほど」

    さて、これを読んでいる皆さんはどう思いますか?

    一つ、予想を立ててみませんか。

     自由に想像を膨らませて調べていくこと、それが自由研究です。

     けんたくんとお父さんの話は、みなさんが予想を立てて後、続けることにしましょう。  

    毎日たのしく全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。一緒にたのしい未来をつくりましょう。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね➡︎もっと深くたのしい教育を味わいたい方は〈有料メルマガ〉をどうぞ!

    よく読まれている記事