[一般の方向け]08.24(土)アウトドアたのCafe(人数に達しました)/教員試験2次-論文ワーク・授業ワーク 個人レッスン実施中/08.19~23沖縄市出前児童館(無料)、大人もボランティア参加可能/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付/

読者の方から 「夢がとまらない」生原稿掲載①

 今日は会議をはじめとして,いろいろな人達とあってお話をした日ででした。
illust2155
その中で,たのしい教育研究所のサイトの熱心な読者の方とお話しました。

いろいろな意見を聞かせてもらい,たくさん勇気づけてもらったのですけど,一つ
「新聞の写真を載せても携帯では文字が小さくて読めないのです…私自身,新報のコラムをまだ読んでいません。
テキストで,ぜひUPしてもらえませんか」
という意見がありました。

 言われてみると,たしかにそうです。
 私の知人でも,「もっぱらスマホです」という人はたくさんいるのです。

 とても勉強になった一日でした。

 さっそく,この四月に琉球新報に書いたコラム第一回目をUPさせていただきます。

 二度目の方にも,また新鮮な気持で読んでいただける様,新聞の文字数制限で削除された箇所を復活させて掲載します。

=========

 「夢がとまらない」

 大好きな子どもたちを涙で中学に送り出し、教師を退職したのは2年前のちょうど今ごろ。
「たのしい教育」に全力を注ぐためで、50歳という切りの良い年と重なった。

 「教師としてやりたいことは、ほぼやりきった」
というすがすがしい気持ちで終えることができたのは、大切な仲間がたくさんいてくれたからだと思う。

「宇宙に浮かぶ国際ステーションと沖縄を結んで、たのしい授業をやろう!」
「宇宙飛行士に来てもって、沖縄から宇宙飛行士を! というプロジェクトをやらない?」
…一見、ほら話のような私のいろいろなアイデアに乗って、それを全部実現してくれた実力者ばかり。
そして皆、子どもの心を失わない人たち。
教師を目指し補充教員をしている人から管理職まで、幅が広い。

 教師を辞めるとすぐアメリカへ旅立った。
 陽が上ると共に10時間ほど歩き、陽が暮れると本屋でコーヒーを手に深夜まで本を読む、そんな日々を過ごす。

 ジョン・レノンが凶弾に倒れた場所に伏すと、なぜか自分の人生が走馬灯のように駆け巡った。
刺激あふれる街で頭はさえ渡る。
「日本一の科学ミュージアムを沖縄につくりたい」
「沖縄に宇宙探査のロケット基地をつくりたい」
「風邪でも行きたくなるほど魅力溢れる学校をつくりたい」
夢が次から次に湧いてきて止まらない…どうしよう。

 構想ノートが何冊も重なったころ、沖縄に戻った。
そして、大切な仲間たちに、その夢を熱く語っていた。
そうやって始まった「たのしい教育研究所」の活動の中、気が付くと、学校、会社、地域、児童館、病院、デイケアへと広がり、2年弱で1万人以上の方に授業や講演をすることができた。
今それをこうやってたのしくつづる幸せを感じている。
書きたいことが次々湧いてきて止まらない。

どうぞ、お付き合いください。

良く読まれている記事