[一般の方向け]7月のたのCafeは7/29(日)19:00~アウト・ドア「月と火星と美味しい食べものと」もうすぐ席が埋まります/8月19日(日)午前:講座-とってもたのしい自由研究/教員試験二次試験実技特訓:研究所の講座を積極的に受講している方対象/〈たのしい教育〉を学ぶならまず「メールマガジン」好評受付中/ボランティアスタッフ・嘱託スタッフ募集中/教育カウンセリング・論文ドクター(有料:随時受付)
☆☆研究所からの〈返信メール〉は遅くとも三日以内に差し上げています。届いていない場合にはメール受信設定の不具合だと考えられます。電話番号を書き添えていただくと安全です☆☆

元気の出るサボテン|植物の魅力を伝えたい

研究所のわたしの部屋に、小さなサボテンを飾ってあります。
水をあげたり、ビールをあげたりして育てています。
元々元気だったのですけど、最近ますます元気です。
右手を高々と上げて「うっしゃあ〜」と叫んでくれているようです。

とても元気なサボテン

桜は桜、バラはバラ、サボテンはサボテン。
花びらの数、葉脈の形状など、植物はそれぞれの種類によって同じだと教えるのが学校教育です。

けれど「同じ植物でも、よくみるとそれぞれとても魅力的な姿をしているんだよ」と伝えてあげられるのも教育です。
こういう魅力を伝えてもテストの得点はUPしませんが、人生の豊かさでいえば、はるかに大きなものを得ると思います。

たのしい授業・たのしい教育で伝えているのは
「力」と「笑顔」と「元気」です。

良く読まれている記事