• [一般の方向け] 2020年2月29日(土)春の出会いも別れもたのしい教育/02.17~21出前児童館(無料)大人のみボランティア参加可能/教員採用一次試験合格スーパーバイズ/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付
  • たのしい社会科「沖縄の快晴日数とシャッターチャンス」

    前回の「沖縄の快晴日数は全国際レベル」というデータに驚いた方たちが何人もいたようで、その一人が私なのですけど、いろいろ質問が来ています。

    まず、「そのデータは本当ですか?」という質問がありました。
    「試験問題に間違いはない」などという答えの導き方はかなり危ないことです。
    私も実際に調べてみました。
    教員採用試験の理科の問題や一般教養の問題と絡みますから、教員試験受験生も骨休みに読んでおくといいと思います。

    前回の試験問題のデータは2012年の統計で、「沖縄の快晴日数は下から二番目」ということでした。
    別なデータを調べてみました。

    「都道府県格付研究所」が出している2014年の一覧表があります→ こちら

    重要な一覧表を載せてみます。
    ご覧ください。

    年間快晴 ランキング2014年は沖縄の快晴日数は堂々の最下位です!
    2012年は前に見たように下から二番目でした。
    沖縄の快晴日数は全国的に再開レベルだとみてよいでしょう。

    さてこの統計を見て「沖縄は晴れている日が少ない」と思う人がいるかもしれません。

    そうでしょうか?
    少し詳しくみていきましょう。

    まず「快晴」とは何でしょう。
    それは雲の量で決まります。

    空にほとんど雲が 0〜1割だという時に「快晴」といいます。
    2〜8割の雲の量が「晴天」です。
    空を覆っている雲が9〜10割の時「くもり」といいます。
    もちろん「雨」が降っていれば「雨」です。

     

    では沖縄は全国的にみて「晴れ」の日は多いのでしょうか、少ないのでしょうか?
    予想してみてください。

    沖縄の晴れの日(快晴+晴天)は全国的にみて
    ア  多い方(晴れの日が多い県)
    イ 平均レベル(普通)
    ウ 少ない方(晴れの日が少ない県)

     

    どうしてそう思いましたか?

     

    2010年の統計があります。

    晴れの日統計2010

     

    沖縄県は三十五位。
    上中下で整理すると、下の方のグループに入っているように見えますが、全国の晴れの日の平均日数を見ると「217.6日」です。
    沖縄の晴天日数は「211.2日」ですから、ほぼ全国平均並みだといってよいのです。

    最初に出した「快晴日数が全国最下位」というデータと考え合わせると、
    「沖縄県は〈快晴〉の日はとても少ないけれど、〈晴れの日〉でみると全国平均レベルだ」
    ということができます。

    さて、「快晴がとても少ない」ということはつまり、「雲がよく見られる」ということです。
    時々この公式サイトにも雲の写真を載せていますが、沖縄では、とてもいい雲をたくさんみることができます。
    「光の量が多く、雲も多い」ということですから、まさに雲の好きな人にはもってこいの場所、シャッターチャンスがたくさんあります。

    これは研究所近くで数日前に撮った雲の写真です。
    ダイナミックに湧き上がる雲でした。

    美雲 沖縄 1

    先日、話し合いに向かう時に撮った一枚です。
    押し寄せるかのような見事な雲でした。

    沖縄 美雲 4

    これは那覇市での会議の時に少し立ち寄った港で撮った写真です。
    上に上にと立ち上る入道雲です。

    美雲 沖縄3

    沖縄では、晴れていれば、とてもいい雲の姿形をたくさん見ることができる、すばらしいところです。

    「沖縄は海もいいけど見事な雲が多いんだよ」
    観光に来たみなさんは、ぜひそういう噂を広めていただけたらと思っています。

    たのしさが未来をひらく
    「たのしい教育研究所」はその活動の最先端を走っています!

     

     

    よく読まれている記事