[一般の方向け]教員採用試験ワークショップ本コース:随時受付中/沖縄市出前児童館(無料)11/12~16:子ども対象、大人も受講可能/好評受付中「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付/12月のたのしい教育cafeは〈クリスマススペシャル〉予定

植物ウォッチングというたのしみ 

 いつもの道から少しだけ脇にそれてみると、行ったことの無い公園や野原が見つかります。そこでしばらく花を探す、花を眺めるのは、たのしい一時です。ほんの15分もあればたのしめる、おすすめの方法です。
 今朝はたのしい教育研究所から少し離れた公園に行ってみました。

 しばらく歩くと〈アキノノゲシ〉が見つかりました。
 沖縄はまだまだ暑いのに〈秋〉の名をプレゼントされただけあって本当に涼しげに咲いています。

 

 もっと先の方に行くと、鮮やかな彩りが見えました。
 近づいてみると〈オオゴチョウ〉です。
 漢字で書くと〈黄胡蝶〉 黄色い胡蝶(チョウのこと)という意味です。

 わたしの好きな〈野バラ〉も見つけました。
 野バラはいい香りがするものが多いので、必ず鼻を近づけて香りを味わいます。
 ここの野バラも、ほのかですけどバラのいい香りがしました。
 園芸用で花の部分が大きくなったバラがたくさん売られていますけど、香りをたのしめるものは意外に少ないのです。香りが好きならぜひ野バラを探して、鼻を近づけてみてください。

 花をたのしむ条件に〈名前〉は必需ではありません。
 でも、写真を撮っておいて、あとで、この花は何だろう? と探してみるのもたのしいと思いますよ。名前がわかるとより親しみが湧くのも事実です。
 忘れたら、また調べると良いのです。

 私も何度も植物図鑑を開いています。

 沖縄の身近な植物を調べるなら、安里肇栄さんの「おきなわ 野山の 花さんぽ」がおすすめです。ボーダーインク社から出ています。少し大きめの本屋さんならおいていると思います。

みなさんも〈たのしい教育〉を一緒に広げましょう➡︎ ここをクリックすることで少しずつ広がります

 

良く読まれている記事