[一般の方向け]教員採用試験ワークショップ本コース:随時受付中/沖縄市出前児童館(無料)12/10~14:子ども対象、大人も受講可能/好評受付中「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付/12月のたのしい教育cafeは〈クリスマススペシャル〉予定

科学的な見方の重要性/RIDE( ライド:たのしい教育研究所 )は優等生でなく科学的な集団でありたい

 科学というと、それだけで自分には遠いものと感じる方たちもいます。何やら実験器具を持って特別なことをしているイメージがあるかもしれません。しかし誰にとっても〈科学的な見方〉は人生を豊かにするために必要なものです。今回はその話を紹介させていただきます。

 初期の頃のメールマガジンに、「たのしい教育研究所は科学者の集団でありたい」.という話を書きました。
 変わった実験などをする集団という意味ではなく、〈仮説・予想を立てて議論し、研ぎ澄まされた刃の様な目でそれを確かめる〉そういう科学の見方・考え方ができる集団だという意味です。
 おかげさまでメルマガを購読してくださる方たちも増えてきましたが、初期のことから読んでくれている方は少ないので、一部をこのサイトに掲載させていただきます。

(1).たのしい教育の哲学・発想法
 たのしい教育研究所は毎朝9時にスタッフ四人のミーティングが始まります。
 前回も書いたのですけど、その一コマとして私が「哲学・発想法」と題して話をしています。
 そこで話した内容をスタッフのMさんがまとめてくれているので、紹介しましょう。

「科学者の集団でありたい」

きゆな はじめ

 

 科学者というのは、本当にものわかりが悪いのです。
 簡単に納得しないのです。
 例えば誰か権威ある人が「これはこうなるんだよ、わかった?」といっても、自分で納得いかないものは実験が済むまで納得しないのです。

 ガリレオは、当時〈学問の神様〉の様に思われていたアリストテレスのいっている事が納得いかなかった。だから大きな球と小さな球がほとんど同じ速さで落ちて行くことを証明できたのです。

 ガリレオはキリスト教が主張する天動説、そして実際誰がどう見ても〈太陽が地球の周りを回っている〉としか思えない自然現況にも納得せず、地動説を科学的に決定づけました。
 ただしその地動説の源はガリレオより2000年も前の古代ギリシャの〈アリスタルコス〉でした。
 アリスタルコスは「こんな小さな地球の周りを、あんな巨大な太陽がまわっているなんておかしい!」
 そう予想を立てて、地動説を主張したのです。
 
 全ての人たちが納得する形でゆっくりと真理にたどり着くのが「科学」です。
 大切な真理であればあるほど長い時間がかかりますが、そこに「押しつけ」は入り込みません。
 大陸移動説は、ウェゲナーが提唱してから世界の人たちに認められるまで100年以上かかりました。

 逆に押し付けられたものごとをカンタンに受け入れる人たちが「優等生」です。
 うちの「たのしい教育研究所」は優等生集団であってはいけないと思います。
 RIDE( ライド:たのしい教育研究所 )の集団は「科学」を主体にしてすすめていきたい。「科学」の研究をするという意味ではないですよ。
 科学的な流れ<予想を立てて丁寧に確かめる>をベースに、いろいろな物事を進めていきたいと思っています。
 そういう「科学」を提唱している「たのしい教育研究所」は科学者の集団でありたい。
 自分自身が納得いくところはよいのです。
 いちいち何でも実験してみなければわからない、なんて言っていたら途方もない時間がかかります。でも納得いかない部分がでたら、例えば「所長の喜友名さんがいうのだから正しい」なんて簡単に言わずに、科学者の感覚で「ほんとにそうかな」と確かめていく。
 そうやって科学は真理に行き着くのです。

 私が開発した「100%戻ってくる手乗りブーメラン」がなぜ開発できたのか?


「理科の先生を長年やってきたYさんが〈こうやって作ればちゃんと戻ってくるブーメランができる〉と教えてくれた通りに作ったのだから、教材として売り物にしてよい」と考えたメンバーに対して
「でも実際、投げてもほとんど戻ってこないじゃない」
「これが研究所の教材になるなんて納得行かない、少し待ってもらえない」
と言えたから開発できたのです。

 毎日たのしい教育に全力投球、RIDE( ライド:たのしい教育研究所 )です。この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援票」が入ります☆いいね☆

 

良く読まれている記事