[一般の方向け]2019-0803 大人気〈自由研究で大人も子どもも先生もたのしもう〉 /07.16~22沖縄市出前児童館(無料)、大人もボランティア参加可能/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付/

菜の花には幸せがいっぱい/花のつくりに目をつけよう②

〈のらぼう菜の話〉がとても良かったというお便りが届きました、ありがとうございます。気を良くして、理科の授業でお話したい話をもう少し書かせていただきます。みなさんが春の野原を散歩するとき、たのしむきっかけになると思います。

 これが〈菜の花〉です。
 そして〈菜〉とつく植物は〈ナノハナ科〉で、みんなとても近い仲間だというお話をしました。

 花の姿形(すがたかたち)が、植物を見分けるとても大きな判断材料になります。
 ですから「あ、この花は黄色いな」とか「小さな花だな」ということから一歩進んで、花の中の特徴を覚えていると、それを元に世界が広がります。

ナノハナ科の花の特徴は
・花びらが4枚
・花びらを支えるガクも4枚
・めしべの周りに長いおしべが4本、短いおしべが2本
・めしべとおしべの根元の〈みつせん〉が4つ
という様に〈幸せ-あわせの4〉がいっぱいです。

近くに菜の花が咲いていたら観察してみてくださいね。

毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね☆

良く読まれている記事