• [一般の方向け] 教員採用一次試験合格スーパーバイズ/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付
  • 読書とたのしい教育/読み語りの前に予想を立てること②+パソコンはMacをおすすめします

     今回紹介するのは、ずいぶん前に私が授業用にまとめたプリント、高学年の子ども達に〈絵本の魅力〉ということで授業した時のものです。
     軽く予想してもらうだけで、子ども達はとても喜んで絵本を味わってくれました、その方法を記録していたものです。
     随分前のデータはハードディスク(HD)のエラーで失われてしまったのですけど、他のメディアに入れてあったおかげで残っていました。
     今回紹介する流れの様に、予想してもらって読み語るという流れをいくつもデータにしてあったのですけど、今のところこの〈かいじゅうたちのいるところ〉しか残っていません、残念なことです。

     少し話は外れます。ここは読み飛ばしていただいても中身は伝わります。
     個人的に随分前からMacに魅力を感じていたのですけど、その頃学校現場で使っている人は0で、データの共有などのためにどうしてもWindowsで我慢し続けなくてはいけませんでした。教務も長かったので、他の先生たちのデータを読み込んで整理したり一つにまとめたりすることも多く、それは仕方のないことでした。
     私の用にハードにパソコンを利用しているとハードディスクは定期的に壊れてしまい、とうとうその時windwsと手を切り、経理用など特別な時のみwindowsのパソコンを開くくらいです。
     Macは外付けHDに自動で保存する機能があるので、本体に何らかのトラブルがあった時にも、外付けのHDからデータを取り出すことができます。
     私がMacを使い始めたのは10年以上前ですけど、その頃はワードやエクセルに対応したアプリも販売されていましたし、完全互換とはいえませんけど、Macの基本アプリ(標準で付いているアプリ)はwindowsのワード・エクセルを読み込んだり保存することもできます。
     RIDEのスタッフだけでなく、RIDE関係の人たちの多くは学校でもMacを使っています。
     お勧めします。

    あなたは、絵本が好きですか?
    それとも、あまり絵本を読まなくなりましたか?

     子どもだけでなく大人にとっても、とてもたのしめるのが本です
     もう低学年ではないから絵本はちょっとね、という人も、一緒に絵本を読んでみませんか。

     これは「かいじゅうたちのいるところ」という絵本に出てくる絵です。
     イギリスのモーリス・センダックという作家が描きました。
     この絵をよく見てください。

     しつもん1

     この絵の中で、あなたが〈一番怖い〉と感じたかいじゅうはだれですか。

     また〈一番やさしい〉と感じたかいじゅうはだれですか?

     みんな怖い、みんな優しい、という予想でもいいですよ。
     その理由も教えてください。

     手をあげてもらって2~3人に、その子の感じや考えを聞いてあげてください。

     

     しつもん2

     王様の様にかいじゅうに肩ぐるまされている子どもがいますね。
     どうしてこの子はかいじゅうの王様の様に、かたぐるまされているのでしょう。
     どういうことなのか、絵本を読む前に、どうしてこうなったのかを考えてみてくれませんか。

     

     手をあげてもらって2~3人に、その子の感じや考えを聞いてあげてください。
    だれも手をあげてくれないかもしれません。その時には「◯◯くんはどう思う?」と尋ねてあげましょう。

     

     ではこれから〈かいじゅうたちのいるところ〉を読みます。
     みなさんの予想と違うところがあっても、それは外れではありません。
    もしかすると、みなさんが予想したこと、みなさんが感じた流れで物語をつくっていくと、センダックと違ったたのしいお話になるかもしれませんよね。
     予想を立てながら読むことは、本をたのしむ時にも重要な方法です。
    「なるほどなるほど」という様に、気軽に味わってみましょう。

    <<<絵本を読み語る>>>

     読み語りの本の評価・感想をとって終了。

     可能ならその評価・感想を読んであげてください。

     

    毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね➡︎もっと深くたのしい教育を味わいたい方は〈有料メルマガ〉

    よく読まれている記事