[一般の方向け] 11.24(日)スポーツたのCafe/11・3土スタート教員採用一次試験合格WS/11.11~15出前児童館(無料)、大人のみでもボランティア参加可能/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/11・24日スポーツたのcafe/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付/

良いものを真似ることのすばらしさ/山本正次先生の授業論

〈人真似ではだめだ〉という言葉があります。何となく男性文化に多い様な気がしますけど、それは単なる勘違いなのかもしれません。いずれにしても、何か真剣に学ぼうとすれば、それがいかに薄っぺらな言葉なのかわかります。

 暮らしに残った古くからの伝統、広く見れば〈文化〉そのものが、先人たちの残してくれた大切な知恵を真似ているのです。

「真似ているとばかり思っていたのに周りの人たちと違っていた」というのがその人の個性なのだと思います。そしてたまにその個性が有効に作用することがあって、それがそれまでの技や文化を発展させていくものになっていくのでしょう。

 それは生物の進化の過程とも似ています。
 同じ生物でも長い年月の中で進化していきます。それは同じ遺伝子情報を伝えているはずのDNAの変異によるものです。
※〈突然変異によって進化した〉という説明には異論がいくつも出されていて、私自身も突然変異で進化したという説は腑に落ちません。ここでは大きな変異ではなく、とても細かい揺らぎの様な変異を意味しています

 その変異の有効なものたちが残って累積していく中で次第にそのものが進化していったという流れです。

 

 私たちの技や行動も長い歴史の中で有効な進化をしていきます。しかしそのために大切なことは、周りと同じことをしている〈基盤〉です。

 そもそも〈たのしい教育〉そのものが従来の教育の中から進化して来たものですが、たのしい教育はこれまでの教育の手法の大部分を踏襲しています。
 その中から、子ども達の笑顔と賢さとがより輝くものを集積したものが〈たのしい教育〉です。

 今はその〈たのしい教育〉を学ぶ人たちがRIDE(ライド)に足を運んでいます。そこで同じ様に、たのしい教育の技・プランを真似ていくことになります。

 独自に〈たのしい教育〉を生み出そうとするのではなく、これまで蓄積されたたのしい教育の財産を真似ることの方がずっと多くの笑顔を生んでいくでしょう。そしてそのための時間は何十分の1、何百分の1どころではなく、もっと早くたくさんの効果を生むでしょう。

 それに関連して、たのしい教育メールマガジンに書いた記事を紹介しましょう。
 このサイトはメルマガの購読者の方たちも読んでくれています。その方たちにはあまり意味がないかというと、実はそうではありませんでした。読者の方たちからも「こうやってメルマガの少しの部分を取り出して読むことも、新鮮で、新しく発見することがいろいろあります」というメールが届きます。メルマガを購読していない方たちに〈たのしい教育〉のエッセンスを届けようと思って綴っていた記事は、予想を超えた効果をもたらしてくれています。

 (たのしい国語)山本正次先生の遺してくれた言葉から

 授業の評価--成功か失敗かを決めるのは子どもです。

 子どもがたのしいと感じ、もっとつづけてほしいとねがう授業は、あきらかに成功です。
 そして、先に述べた形で自由に子どもの思いを語らせる授業に、ほとんど失敗はありません。子どもたちはみなよろこんでくれます。
 これはすでにたくさんの先生方の実践によって証明されているところです。

●結果を大切にする
 だれが、どこでやっても成功するということは、何でもないことのようで、実はたいへん重要なことではないでしょうか。
 このことは「結果に注目する」「結果として出てきた事実を大切にする」という、科学研究の基本にならったのではないかと思われます。
 わが国に於ける「教育科学」というものが、いつまでたってもかけ声ばかりで、いっこうにはっきりしたたものを生み出せないのは「結果を重くみる」という考え方が確立していないからだと思います。
 とくに国語科「よみかた」の指導では、今だに〈子どもがどう思おうと、だいじなことはきちんと教えこまねばならない。苦しくても耐えさせる。それが子どものためだ〉とする考え方が根深く残っています。そしてそれは〈授業の結果を大切にしよう〉ということ、つまり「子どもたちがその授業をどう評価したかを重く見よう」という私の主張と激しく対立することになります。

 私は「苦しくても耐えて・・・」などとはまったく思いません。
「大事なことであればあるほど、子どもたちがたのしく受けとめたかどうかを重視しなくてはならない」と考えます。
 それだからこそ「感動」を真ん中にすえて、読み、そして語るという、あまりにも単純とも見えるこのやりかたを、いよいよ大切にしようとするのです。

 私は「このやりかたをまず真似てみてください」といいたいのです。
 ところが今だに〈ひとまねはすべきでない。ひとまねでは大成しない。己れ自身のものを持て。そのために刻苦勉励せよ〉という風潮が、教育現場には生きのこっているようです。

 人真似はナマケモノのやること-と非難されそうです。
 しかし私はそう思いません。たとえ、大学新卒の先生であっても、先に挙げたはたらきかけ(※メルマガの授業の章在)で、子どもに対してみたらよいのです。
 たぶん授業は成功するでしょう。
 だから、まねたらよいのです。
 まねるべきです。

毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね➡︎もっと深くたのしい教育を味わいたい方は〈有料メルマガ〉をどうぞ!

良く読まれている記事