• [一般の方向け] 教員採用一次試験合格スーパーバイズ/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付
  • 古い石灰岩と新しい石灰岩/琉球石灰岩という名前は重要

     研究所に学びに来てくれているTさんから〈いっきゅう先生、プレゼントがあります〉と届いたものに大喜び、これです。

     何だかわかるでしょうか。

     琉球石灰岩をカットした石材です、元はこういう石で、沖縄でたくさん見ることができます。

     ところでこの〈琉球石灰岩〉という名前、不思議に思ったことはありませんか。

     琉球・沖縄で見られる石灰岩だから琉球石灰岩なんでしょうか。

     どう思いますか?

     

     違います。

     これも沖縄で見られる石灰岩です、しかし琉球石灰岩とはいいません。

     これは沖縄県の本部町というところで見られる石灰岩です、セメントの原料としても利用されています。これは琉球石灰岩とは言わず、〈本部石灰岩〉と呼ばれています。

     石の緻密さがまるで違います。

     これは最初に見てもらった琉球石灰岩の断面です。

     これは本部石灰岩の断面です、緻密さがまるで違います。

     

     琉球石灰岩も本部石灰岩も〈サンゴ〉からできたものです。
     しかし琉球石灰岩が200万年とか数万年前にできた石灰岩できた岩石であるのに対して、本部石灰岩は2億年とか3億年という長い時間をかけてできた岩石です。

     ではこの石灰岩は本部石灰岩でしょうか、本部石灰岩でしょうか?

     そうです、琉球石灰岩です。 
     琉球石灰岩の中に、ほぼサンゴの形をそのまま残している状態です。
     何万年もたっていないものだと思います。

     同じくサンゴからできているとはいえ、歴史の長さによって、見た目も随分ちがいますね。しかしどちらも、塩酸をかけるとぶくぶくアワを立ててとけていきます。石灰岩
    ということでは、同じなのです。

    毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね➡︎もっと深くたのしい教育を味わいたい方は〈有料メルマガ〉をどうぞ!

     

    よく読まれている記事