⭕️ 講演・授業・ワークショップ・スーパーバイズ・カウンセリング・企業研修 その他、お問合せください!
⭕️ 一般の方向け] たのしい教育cafe7月22日(水)18:30~/出前児童館 7/13(月)~17(金)/教員採用二次試験合格スーパーバイズ企画中/「たのしい教育メールマガジン(有料)」/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付

まど・みちお と シロツメクサ

  まど・みちお の本は本屋さんで見るたびに購入してきたので、たのしい教育研究所(RIDE)にたくさん置かれています。
 このサイトにも、何度かまどさんの話を書いてきたので、よろしければチェックしてください。

 最近手にしたのは〈家族と友だち〉という、まどさんの詩集です。

 そこに「ははのひ」という詩があります。

 

ははのひ

 

 いわれないのに

 ちゃんと てを あらった

 

 へいきな かおして

 にんじん たべた

 

 この子はきっと、ははの日のプレゼントを用意できなかったのかもしれません。
 そのかわり、お母さんにいつも言われてきた〈手を洗いなさい〉とか〈苦手な野菜もちゃんと食べなさい〉という要求に、言われる前にがんばったんですね。
 素敵な子です。
 お母さんは、気づいてくれただろうか・・・

 学校でもそうですけど、子ども達のマイナス面が気になって、よく注意してしまうことがあります。
 たとえばよくおしゃべりしてしまう子がいて、おしゃべりする度に叱られてしまう・・・
 でもその子が、静かに授業を受けている時には、特に何もないまますぎていく。
 できるなら、その子のその時の素晴らしさをみつけてあげたい。
たとえば
「よしきくん、集中してがんばっているね、先生嬉しいな」というように。

 まどさんのこの詩を読んで、クローバーたちを思い出しています。

 こうやっていると、その魅力や素晴らしさがあまり見えません。
 

 でも、そばに寄り添うと、その素晴らしさが見えてきます。

 花は少なくても、すてきなサクラ色が魅力的だったり・・・

 その素晴らしさを見つけることができる人は、素晴らしい才能を持っているといってよいでしょう。

 そういう才能を開くのも、たのしい教育研究所の仕事の1つです。

毎日たのしく全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。一緒にたのしい未来をつくりましょう。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね➡︎もっと深くたのしい教育を味わいたい方は〈有料メルマガ〉をどうぞ!