『てん』ピーター・レイノルズ著谷川俊太郎訳(あすなろ書房)

1てん

今日は、『てん』ピーター・レイノルズ 著 谷川俊太郎 訳(あすなろ書房)
を紹介します。

主人公は絵をかくことが大きらいな女の子ワシテ。

絵がかけないワシテが苦しまぎれに描いた
たった一つの「てん」。

先生は、それにサインをさせて額縁に入れて
教室に飾るんです。

なんてステキな先生なんでしょう…

ワシテは額縁に入った自分の「てん」をみて
「ふーん!もっといいてんだってかけるわ」と、
開けたこともない水彩セットをあけてワシテは
いろんなてんを描きはじめます。

「てん」を通してワシテはかわり始め、
「てん」の展覧会をひらくまでになるのです。

2てんワシテの絵を見に来た男の子が、
絵を描くのは苦手だという話をした時、
ワシテがかけた一言は・・・
そのやりとりがまたいいんです。

本の帯にもありましたが
“図画ぎらいを勇気づける本”ですね。

( by hina )

関連記事はこちら

良く読まれている記事