⭕️ 教師向け〈病休・育休等長期休み〉からのリターンtoワーク3回コースがプログラム化されました、関心のある方はお問い合わせください
⭐️コロナウイルスをはじめとする感染対策は換気・除菌を中心に高レベルの対策を実施中です
⭐️「たのしい教育メールマガジン(年購読12,000円-講座等の割引あり)」
⭕️教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付

ガリレオが観た月 満月に近いスケッチは無い② ☆

昨日の「たのCafe」は曇っていたので観測出来ず、でした。
研究所でいっぱいの仕事をしつつ
「お〜、そうだった(・∀・) 月でてるかな」
と急いで珈琲と望遠鏡を手に外へ。

出てました。
今日は月例17夜。
スクリーンショット 2014-09-11 22.40.07さっそくガリレオが眺めた低倍率の望遠鏡をのぞきました。
これで10倍くらいです。

ここからは、前に書いた「どうして満月のスケッチをガリレオが残していないのか?」の続きです。

眩しすぎるのです…
何百倍の望遠鏡ならその眩しい中でもクレーターを観る事ができるでしょうけど、わたしがみた望遠鏡では月全体がまぶしすぎてクレーターのスケッチはかなり厳しい。

眩しすぎて描くのに適していないのでしかたなく、ガリレオは半月あたりから三日月にかけての月をスケッチしていたのでしょう。
galileo_moon
今度は半月の頃、眺めてみることにします。

加えます。
 板倉聖宣が訳した ガリレオ著「望遠鏡で見た 星空の大発見」やまねこ出版 は名訳・名著です。
 岩波からすでに別な人が「星界の報告」 として訳しているのですけど、話にならないくらいでス。どういうところがすごいのか、についてはまた後日書きますね。

           いっきゅう

2014年9月11日 ガリレオが観た月 満月に近いスケッチは無い② ☆ はコメントを受け付けていません たのしい教育とは