たのしい植物入門 ハイビスカスのシベの色の比較/自由研究が本物の研究

 自由研究こそ本物の研究です。自分の興味関心を大切にし、「予想」をたてて「確かめる/実験する」ことで真理を見つけて行くことはたのしくてならないことです。

 さて、前回からのたのしい植物入門「花びらの色など外見が大きく違うハイビスカスがいろいろありますが、その中にあるタネをつくる器官〈シベ〉の色も違っているのだろうか?」という問題について具体的に見ていきましょう。

 みなさんの予想はどうだったでしょうか?
「中のシベも同じ色だろう」でしたか?
それとも「シベの色も違っている」だったのでしょうか?

 わたしの撮った写真をみてください。沖縄でごく普通にみるハイビスカス/アカバナです。
 この突き出ているのがシベです。上に開いている赤い部分がメシベ。その下で突き出ている黄色い部分がオシベです。黄色いものは〈花粉〉です。

%e3%81%9f%e3%81%ae%e3%81%97%e3%81%84%e6%a4%8d%e7%89%a9%e5%85%a5%e9%96%80%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%92%e3%82%99%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%82%b9

  これは研究所の近くで散歩していた時に撮った黄色いハイビスカスの写真です。色はどうでしょうか?

%e3%81%9f%e3%81%ae%e3%81%97%e3%81%84%e6%a4%8d%e7%89%a9%e5%85%a5%e9%96%80

〈シベ〉の部分を大きくしてみましょう。

%e3%81%9f%e3%81%ae%e3%81%97%e3%81%84%e6%a4%8d%e7%89%a9%e5%85%a5%e9%96%80 %e3%81%9f%e3%81%ae%e3%81%97%e3%81%84%e6%a4%8d%e7%89%a9%e5%85%a5%e9%96%80%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%92%e3%82%99%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%82%b9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黄色いハイビスカスのシベの全体の色は〈黄色〉です。
赤いハイビスカスのシベの全体的な色は〈赤〉です。

「同じだ」とは言えない様です。

 白いハイビスカスの写真があります。
 見てみる前に、予想してみましょう。
 白い花びらのハイビスカスのシベの色は、どうなっているでしょうか?
 予想
  ア. シベも白
  イ.シベは他の色
 どうしてそう予想しましたか?

見てみよう
⬇︎

見てみよう
⬇︎

%e3%81%9f%e3%81%ae%e3%81%97%e3%81%84%e6%a4%8d%e7%89%a9%e5%85%a5%e9%96%80-%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%92%e3%82%99%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%81%ae%e3%82%b7%e3%83%98%e3%82%99%e3%81%ae%e8%89%b2 花びらの色と〈シベ〉の色は連動していると言って良いでしょう。

  ところで以前、ハワイでたのしい教育活動を展開した時、白いハイビスカスの事を書きました。その時のしべの色は、沖縄に多い赤いハイビスカスのしべの色合いと似た様にも見えました。ですから、花びらが白いハイビスカスの中にも、しべは白くないものもあるのです。品種が改良されている過程を目の当たりにしているかのようです。

 みなさんもいろいろなハイビスカスを見てさらに研究をすすめてみませんか。たのしい発見がいろいろでてくるかもしれませんよ。

 自由研究が本物の研究です。たのしい植物入門、いかがでしたでしょうか。またいつか別なテーマで書きたいと思います。

「いいね」クリックで広がる〈たのしい教育〉-人気ブログ!-

 沖縄県 教育 世界 たのしい授業がテーマです。

良く読まれている記事