⭐️New 〈たの研〉への寄付が税の優遇措置・控除の対象となります。ひとり親世帯など経済的に支援の必要な方達へたのしい教育を普及する活動に寄付していただける方、少ない額でも歓迎いたします⇨https://tanokyo.com/archives/158358
⭐️New 手のりブーメランをたのしむ動画⇨https://www.youtube.com/watch?v=nR9LHbrci_s
⭐️ ゆーぬくだんごで島言葉・動画教材➡︎https://www.youtube.com/watch?v=cYA6QgwLZ0k
✨教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付、リモートでのカウンセリングも可能です
⭕️企業研修、団体研修、校内研修についても気軽にお問い合わせください

たのしい植物入門 ふきのとうのーふきのとうの花を見ると仲間が分かる-

 メールマガジンの読者の方から「ふきのとうが芽吹きました」という便りが届きました、たの研のある沖縄では見ないのですけど、ふきのとうは雪国では春の訪れを告げる愛しい植物だといいます。今朝の太陽で解かされるまで雪が覆っていたそうです。

 最近作った「菜の花から広がる世界」が好評で、それをまとめたお陰で、いろいろな花が気になっています。

 ふきのとうの花ってどういう花なんでしょう?

 ふきのとう自体を見ることのない沖縄なので、ふきのとうがどんな植物なのかという知識はありません、それでも花を見ると〈何の仲間〉で〈どういう特徴があるのか〉が分かりますよ。

 これがふきのとうの花です。小さくて分かりにくいかもしれませんけど〈キク科〉の特徴が見られる花です。

 これもキク科の花です。
 大きさとか広がり方とか違いはあっても全体としては似ています。

 キク科の花は花びらに見えている一枚一枚が〈花〉で、そこにはおしべ・めしべがあって一つ一つにタネができます。

たのしい教育プラン「菜の花から広がる世界」で〈生物の仲間を分けるとき、何に目をつけるとよいのでしょうか?〉と問いかけて
「色でしょうか? 大きさでしょうか?」
「色ではありません。たとえば私たち人間にも、イエロー・ブラウン・ブラック・ホワイトなどいろいろな皮膚の色があります、それでもみんな同じ人間です」というところに感動した先生がいました。

 菜の花から広がる世界は、早めに電子出版したいと考えています。

たのしい教育全力疾走RIDE(たのしい教育研究所)、みなさんの応援が元気の源です。一緒にたのしく賢く明るい未来を育てましょう。このクリックで〈応援〉の一票が入ります!