スマホ用撮影スタンド(動画・静止画)たのしい教育研究所オリジナル 簡単格安

 メールマガジンの最新号は「たのしい教育研究所オリジナルのスマホ用撮影スタンド 」「映画 BIG DYES」「仮説実験授業研究会代表 板倉聖宣の〈作品を生み出す基礎〉」の3本立てです。%e3%81%9f%e3%81%ae%e3%81%97%e3%81%84%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ab%e3%82%99%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%b3
 そのうちの「スマホ用撮影スタンド」への反響がさっそく届き始めています。
 少し紹介いたします。
「たのしく伸びようよ 秋!」で折り染めの準備をしている時、「スルメ背骨折りの〈折り方〉を動画で見せてあげたい」と思い、撮影の準備に入りました。
 ところが、わたしが何か新しいアイディアを生み出す時は大抵 一人の時ですからカメラを構えてくれる人はいません。カメラ担当が居たにしても人間の手ではブレもありますから、やはりスタンドが必要です。

 普通のスタンドは、立っている物体を撮ることには適していても、机などに寝かせた物体には不向きです。
 たとえば千円程度でこういうスタンドも売られていますが、テーブルに置いた紙を折っている動きはなかなかつかめません。自分の手が紙を隠したり、紙全体のイメージを伝えるのが難しいのです。
%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b%e7%94%a8%e6%92%ae%e5%bd%b1%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%99-ride%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%ab  折り方やその形などは上から見下ろす位置が。
 こういう撮影スタンドも売られていますこのタイプで3000〜4000円くらいです。

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b%e7%94%a8%e6%92%ae%e5%bd%b1%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%99-%e5%b8%82%e8%b2%a9 くねくねタイプのスタンドで、千円しないものもあったと思います。時間があれば、それを入手して撮影することもできるでしょう。

 しかし夜中に思いついて、翌日利用しようと考えている私には無理です。

 何か工夫できないかと、研究所の道具をいろいろみている時に思いつき、作成してみると、素晴らしく簡単な撮影スタンドが完成しました。制作時間2分。利用した資材の費用は二百円くらいです。

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b%e7%94%a8%e6%92%ae%e5%bd%b1%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%99-ride%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%ab%ef%bc%92 この前の記事に載せた「スルメ背骨折り」の動画は、このスタンドで撮りました。30cmくらいの高さから見下ろすことができますから、利用に十分な映像を撮影することができます。もちろん、講座でその動画を見た参加者の皆さんも、笑いながらじーっと見てくれていました。

 興味のある方はメールマガジンをお取り寄せください。「学校や家庭でたのしい教育研究所の提唱する授業がしたい」と考えている方は単発の号でも読むことができます。1号あたり400円(応援費として)です。年間まとめなら半額以下で購読できます。今週号が読みたい方は「第230号を注文します」と明記してお申し込みください。振込後連絡をいただければ送信いたします。
 申し込み方法など➡︎こちら

あなたの「いいね」クリックで〈たのしい教育〉が広まります-人気ブログ!-

たのしい沖縄県 教育の未来はここから
いつも元気でたのしい「たのしい教育研究所」です!

良く読まれている記事