• [一般の方向け] 2020年2月29日(土)春の出会いも別れもたのしい教育/02.17~21出前児童館(無料)大人のみボランティア参加可能/教員採用一次試験合格スーパーバイズ/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付
  • たのしい〈おきなわ秋の花さんぽ〉の様子

     秋の涼しい風の吹く気持ち良い朝、「おきなわ野山の花さんぽ」の著者 安里肇栄さんを講師に招いてたのしい教育研究所のメンバーで〈おきなわ秋の花さんぽ〉をたのしみました。

     今回が3回目の〈花さんぽ〉企画ですけど、回を重ねるごとに満足度もかなり高いワークショップになってきました。

     今回の花さんぽは〈宜野座村〉の野山です。
     

     桜が咲いていました、驚きです。

     これはカンナによく似た〈ダンドク〉という植物です。
     花の右側に独特の形をした実ができています。
     熟した実をあけると、その中のタネはまるでBB弾。
     実際かなり硬いんですよ。お手玉の中に入れて遊びに使ったといいます。

     

     安里さんが手を広げて説明している、その親指のあたりに位置しているツルは、幻の花と言われている〈イルカンダ〉です。

       数年に一度の開花で、タイミングがよければ春にこういう花をみることができます。

     これは帰化植物で〈オキナワハマグルマ〉。
     かなり強い生命力で、どんどん広がっていくキク科の植物です。

     これはホウロクイチゴ。

     夏の頃にはこういう実をつけます。野生のベリーとして美味しく味わえます。

     他にもたくさんの植物を見て、ダムの水の流れに〈こわいこわい〉を連発し・・・
     とてもたのしい時間になりました。

     次回は遠出して「大国林道」まで行きたいという話が出ています。少数なのですぐにいっぱいになるワークショップの一つです。関心のある皆さんはこのサイトをチェックしていてください!

     毎日たのしい教育に全力投球、RIDE( ライド:たのしい教育研究所 )です。
     みなさんの応援クリックが元気の源です。この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援票」が入ります☆いいね☆

    よく読まれている記事