• [一般の方向け] 12.29(日)たのしい授業力実践講座/教員採用一次試験合格スーパーバイズ/11.16~20出前児童館(無料)大人のみボランティア参加可能/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/2020年1月12日(日)科学読み物講座&おきなわ石さんぽ/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付
  • 「科学では分からないところがある」 という論理ループのまやかし(前編)/メルマガ〈たのしい教育の発想法〉抜粋

     メルマガでマンガ〈Dr.STONE〉に出て来たセリフをとりあげて、前後編に分けて書いたところ、いろいろな反響が届いています。このサイトの読者の方たちにも、発想法に興味関心の高い方たちが多いので、前編のいくつかの部分を抜粋しておとどけします。子ども達が「この先生/うちの親って、他の人の言わないことを本気で伝えてくれる人なんだ」と感じて、信頼してもらえるきっかけにもなると思います。

     

     

     以前、この章で紹介した〈Dr.STONE〉のファンが周りでどんどん増えています。

     そのいくつか前に紹介した〈働く細胞〉もいろいろな方から「観ました」という便りが届いています。

     ある先生から「学校で子ども達にみせたいと思うのですけど、NHKなどの教育番組以外は学校で視聴し辛い雰囲気があります」という便りが届きました。

     管理職や周りの先生たちともめるのはおすすめではありません、〈和を以って貴しと為す〉がRIDEの方針です。

    〈和を以って貴し〉というのは、相手に従うという意味ではありません。話をして解決するならよし、解決しない時でもバトルはおすすめしないということです。戦いは勝っても負けてもマイナスに溢れているからです。

     その時点で解決しないことはたくさんあります。

     初期の頃、板倉聖宣の「旗幟鮮明にして昼寝する」という発想を紹介したことがありました。

     周りと意見が違う。しかも反対すると首になるかもしれない、そんな時どうするか。
    「そうですよね、私が間違っていて、皆さんが正しいです」というという自己否定ではなく、〈自分はこう思う、こう考えている〉という旗を明らかにする、それが旗幟鮮明にすることです。

     その場で一人二人ともめているゆとりはありません。その価値観を共有できる人たちをゆっくり広げていく、そういう長い闘い方に持ち込むのです。

     いつかまたこの章で紹介できると思います。

    中略

    板倉聖宣から教えられたこと

     師と仰いだ板倉聖宣から〈科学のすばらしさ、決定的重要性、そしてたのしさ〉を学びました。

     「真理に至る方法は科学しかない」そして、科学的に進めていくことでこそ社会は良くなっていくのだ、それをこれでもかこれでもかという様に教えてもらいました。

    〈権力者はいろいろな方法で庶民をコントロールしようとする、それに対抗できるものは科学しかないのだ〉〈社会的なものも自然科学の手法で見方考え方をすすめていけるのだ〉と。

     たのしい教育研究所(RIDE)は板倉聖宣から学んだことを基本に活動を進めています。

     そうやって科学に全幅の信頼を寄せていると、人によっては「科学は万能である」という様に考えてしまうこあとがあります。

     しかし実際のところ〈科学〉には未だ分からないことがたくさんあります。

     遠い宇宙のことだけでなく、海の底の浅い地殻下にあるマントルについてさえ、その実態の研究が進み始めたくらいです。

    「現代の人類は核の力を手に入れた」と表現されることがあります、しかし核分裂については再現できても核融合についてはまだ再現できていません。

     一つ解明すると、そこにはその何倍もの未知なものごとが広がります。科学の研究が進めば進むほど未知の領域が増えるという不思議なことが起こるのです。

     ここで、それを逆手にとった理論の組立をする人たちが出てきます。

     以前、RIDEを訪ねてきた某宗教団体の方も語っていたのですけど。

    「科学で解明できないこともあるんです。天国もありますし、神様もいるんです。ちゃんと◯◯にそう書いているのです」

     似た理屈は超能力の存在を主張する人たちも使います、占い信者もUFO信者も使います。

     わたしが教師をしてしばらくした頃大ブームになった〈ノストラダムスの大予言〉もそうでした。「科学では分からないことがあるんです。不思議なことですけどノストラダムスの預言は的中してきたんです。1999年、地球に恐怖の大王が降ってくるんです」と。

     そのトリックについてはこれまでいろいろ書いて来たのですけど、簡単に触れると、〈抽象的なノストラダムスの言葉の羅列〉を、その後の人たちが都合よく〈あれはこういう意味だった、あの戦争はノストラダムスのこの言葉と合致する〉という様に拡大解釈して、最大の預言者と持ち上げてきたのです。そして「1999年に恐怖の大王が降って来る」と記されたノストラダムスの言葉通り地球は壊滅すると煽りました。それは原爆のことだ、いや大地震のことだ、いや本当に神が現れて天罰を下すのだ etc.

    〈科学では分からないことがある〉→〈だから◯◯は存在する〉という論理ループ(循環)について、Dr.ストーンの主人公 石神 千空はこう語ります。

     

    「科学ではわからないこともある」じゃねえ
    わからねえことにルールを探す
    そのクッソ地道な努力を
    科学って呼んでるだけだ……!!

     

     見事な言葉です。

     

     私がドクター・ストーンを周りの人たちにすすめはじめたのは、こういう本格的なことを語ることのできるマンガだったからからです。

    後略

     ここまでにしましょう。

    毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね➡︎もっと深くたのしい教育を味わいたい方は〈有料メルマガ〉をどうぞ!

    良く読まれている記事