⭕️ 講演・授業・ワークショップ・スーパーバイズ・カウンセリング・企業研修 その他、お問合せください!
⭕️ 一般の方向け] たのしい教育cafe7月22日(水)18:30~/出前児童館 7/13(月)~17(金)/教員採用二次試験合格スーパーバイズ企画中/「たのしい教育メールマガジン(有料)」/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付

まど・みちおの発想 つづき

 今も教科書にまど・みちおさんの作品はとりあげられているのだろうか?
 まどさんの詩には鳥肌が立つほど研ぎ澄まされたものから、おもわず笑ってしまうものまでたくさんあります。
 そのどれも、まどさんの感動が横たわっています。
 私が好きなまどさんの詩の一つ〈ちがいくらべ〉という詩があります。
 笑いと同時に、きっとまどさんはつぶらな目を見開いてその違いに感動してたんだろうと思います。

ちがいくらべ
 まど・みちお

 

ら すべすべで
ばら とげとげ

はち ぶんぶんで
ばち べんべん

はけ もしゃもしゃで
はげ つるり

はく げえげえで
はぐ べろり

はす ぽっかりで
ばす ぶーぶー

はは おっぱいで
ぱぱ かんぱい

はか しんでからで
ばか いきてるうち

はいはい ばいばい

 久しぶりに読んで、また笑ってしまいました。
 いつのことだったか、死んだらどっちみち墓に入るんだから、生きているうちにバカになれるくらいのことをやってみよう! という話をしたことがあります。

 私が敬愛するスティーブ・ジョブスも

Stay  Foolish.

という言葉を残しています。

 たのしい教育研究所の活動にも、読者のみなさんの応援のおかげさまでバカになるほど熱中しています。

 今もしも国語を持っていたら、「みんなで、まどさんみたいににたことば探そうよ!」という授業をしてみたいと思います。

 とり 空
 つり 海  とかね。

 たのしい授業プランになりそうです。

毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね➡︎もっと深くたのしい教育を味わいたい方は〈有料メルマガ〉をどうぞ!