[一般の方向け]7月のたのCafeは7/29(日)19:00~アウト・ドア「月と火星と美味しい食べものと」もうすぐ席が埋まります/8月19日(日)午前:講座-とってもたのしい自由研究/教員試験二次試験実技特訓:研究所の講座を積極的に受講している方対象/〈たのしい教育〉を学ぶならまず「メールマガジン」好評受付中/ボランティアスタッフ・嘱託スタッフ募集中/教育カウンセリング・論文ドクター(有料:随時受付)
☆☆研究所からの〈返信メール〉は遅くとも三日以内に差し上げています。届いていない場合にはメール受信設定の不具合だと考えられます。電話番号を書き添えていただくと安全です☆☆

『おかあさん、げんきですか』後藤隆二(ポプラ社)

おかあさん、げんきですか

今日は、『おかあさん、げんきですか』後藤隆二(ポプラ社)
を紹介しますね。

タイトルを読んだとき、離れた所に住んでいる
お母さんに手紙を書いているのかなと思ったのですが、
読み始めると、もう笑いが止まりません。

母の日に学校で「お母さんに感謝の手紙を書きましょう」と
先生がはりきっているのでがんばって書いている
4年生の男の子のお話です。

その中身がとてもおもしろいんです。
「隣のユウスケは,『いつもごはんをつくってくれてありがとう』って
書いているけど、ぼくはちょっとはずかしいから思い切って
言いたいことを書きます」という事で、

お母さんにこれまで胸の中にためてたことを書いていきます。
例えば、いいたいことその2・・・「ぶたごやみたい!」とかいて、
ぼくのへやをかってにそうじしないでください!

ぼくはぶたではありません。
にんげんです。・・・お母さんに捨てられたものたちへの
ひとつひとつの思い出がとてもかわいいんです。

子どもたちに読みかたりをすると
「ぼくも大事にしていたものすてられたことあるよ~」と
共感する子どもたちがいて聞いてておもしろいです。

でも、最後のシーンは心にしみます。
「この子のお母さんでよかったね」とこちらまで
ほろっときちゃいますよ。
( by hina )

 

良く読まれている記事