たのしいものづくり スプーンやじろべえ

 研究所のスプーンは木製のものがほとんどで、普通の金属のスプーンはほとんど利用していません。あまっている金属のスプーンを見ていた時、ふと思い立って、やじろべえができないかためしてみました。

 やじろべえというと、たとえばこういう様にバランスをとって立っているおもちゃです。

%e3%81%9f%e3%81%ae%e3%81%97%e3%81%84%e5%b7%a5%e4%bd%9c-%e3%82%84%e3%81%98%e3%82%8d%e3%81%b9%e3%81%88

 スプーンはカレー用の普通のスプーンです。
 さて、どうやってやじろべえにしましょう?

%e3%81%9f%e3%81%ae%e3%81%97%e3%81%84%e5%b7%a5%e4%bd%9c%e3%80%80%e3%82%84%e3%81%98%e3%82%8d%e3%81%b9%e3%81%882

 

 単純に右と左をカーブにして作る、というのではなく、少し工夫してみました。
 まず重心(重さの真ん中)を確かめてから、そこを中心にして右、左をペンチ2つでグイッグイッといくつかの折れ目を作ってまげたのです。

 近くに「レンズの魅力」で利用する電球型の入れ物(100均ダイソー)があったので、それに乗っけると・・・
 やじろべえになっていました。
 飾り・オーナメントとしても使えそうです。
 ご覧ください。

%e3%82%b9%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%84%e3%81%97%e3%82%99%e3%82%8d%e3%81%b8%e3%82%99%e3%81%88

 どこをどのように曲げるかなどについては、もっと何本ものスプーンで確かめて、いずれこのサイトで紹介したいと思います。
 図工でも利用できないかと考えています。

たのしいこといっぱいの「たのしい教育研究所」
「沖縄県 教育」が大きなテーマです!

あなたの「いいね」クリックで〈たのしい教育〉を広げませんか-いいねクリック=人気ブログ!-

関連記事はこちら

良く読まれている記事