• [一般の方向け] 2020年2月29日(土)春の出会いも別れもたのしい教育/02.17~21出前児童館(無料)大人のみボランティア参加可能/教員採用一次試験合格スーパーバイズ/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付
  • 月に願いを/原子論的〈願い〉論②

    前回の続きです。
    〈スピリチャル的なもの、自然現象を超えたものは存在しない〉では〈祈り・願い〉は無駄なのでしょうか。
     みなさんはどう思いますか?
     
     生物はすべからく目的意識的な存在です。
    〈食べたい〉〈明るい所に行きたい〉〈眠りたい〉etc.
     その中でも人間は〈こうなりたい〉という気持ちに溢れた存在です。
     その目的・目標と一体的なものが〈願い・祈り〉だと言ってよいでしょう。
     
     願いや祈りは出発点でもあり、やる気のバロメーターでもあるのです。〈祈り〉というのも同じです。
     
     ただし「自分は願っているから、祈っているから大丈夫」というのは大きな勘違いです。実験事実として、祈りではティッシュ一枚動かすことはできません。砂つぶ一つ転がすことはできません。空気中を舞うホコリ一粒の動きも左右できません。
     それらを動かすには物体、つまり原子分子の力が必要なのです。
     願い、祈りを実現するには、そのための物質の動きが必要です。
     ですから、願いや祈りのを達成できる様に全力で行動することが勝負です。
     
     最近、研究所の笹の葉に、願いを書いた人たちにこういうメールを送りました。
     
    皆さんが短冊に綴った願いを、約束通り大空の中へ放ちました。
    風がとても強く燃やす場所に困ったのですけど、ちょうど風がとまる場所があって、そこで気持ちよく燃えていきました。
    焚き火です。
     
     
     舞い上がった原子分子たちのいくつかは夏の海風にのって、明日明後日と皆さんの身体のそばまでいくことでしょう、計算上間違いありません。
     たっぷり吸い込んでくださいね。
     
     残りの原子分子たちは別な生き物たちが吸い込み、たとえば植物の身体の中にはいって、たくさんの実りをうむことでしょう。
     
     灰たちは、やがて風にのっていろいろなところをめぐるでしょう。雨が大地にしみこませ微生物たちの身体にも入るでしょう。
    それがめぐって、みなさんが食べるものの中にも含まれていくかもしれません。
     
    空には大きな月も出ていました、〈月に願いを〉ですね ´ー`)
     
    ところで、皆さんが短冊に記した願いは、人知を超えた何かスピリチャルな存在が叶えるのではありません。
    みなさんの願いが強い分、それを実現するための行動にかえることです。
    幸いみなさんは一人ではありません。
    RIDEに学びにくる人たちは素敵なメンバーですから、一緒に願いを実現できる仲間もたくさんいるでしょう。
    ではまた研究所でお会いしましょう。
    おやすみなさい。
     
      いっきゅう

    毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね☆

    よく読まれている記事