食物連鎖・弱肉強食について考える

学び方コースで子ども達を指導している時のことです。

理科の「食物連鎖」の問題の中で、正しく解答した子ども達の口から
「弱肉強食だから」という言葉が出てきました。

seibut4

それがとても気になったので、少し時間をとって「進化論」の話をすることにしました。

チャルズ・ダーウィンが進化論をまとめるにあたって大切にした考えは
「弱肉強食」ではありません。
「自然選択」あるいは「適者生存」というアイディアです。

この世界は強いものが生き残っているわけではありません。

どれだけ戦闘能力が高くても絶滅した生き物はたくさんいるのです。
現在でも、戦闘能力は高いけれど絶滅危惧種はたくさんいます。

シロクマは地上最強の生き物だと言われることがありますが、絶滅が危ぶまれています。

史上最強の生物だと言われていた肉食恐竜でさえ滅びたのです。

しかし、いかにも戦闘能力の低い、チョウ達は今も元気に菜の花畑を飛び回っています。

もしも世界が「弱肉強食」なら逆ではないでしょうか。

images index2こういう例はたくさんあります。

現在、最強の生物だといわれることもある「シロクマ」も絶滅が危ぶまれています。
百獣の王と並んで称される「トラ」にも絶滅が危惧されている種類がいます。

この世界は、強いものの住処ではないのです。

そこに適したもの達が生活の場を広げていくのです。

わたしたち人間は、弱いものを助け、周りの仲間たちと協力している生き物です。その「協力」は「適者生存」の流れに重なったものである、とも言えるのです。

子ども達が何気なく発した言葉に、哲学・思想・科学などとても深いものが横たわっていることが多々有ります。
理科で取り上げる食物連鎖が、子ども達に「この世界は弱肉強食だ」という思想を植え付けているとしたら怖いことです。

そしてそれを押し付けでなく感動をもって伝えられたら幸せなことです。それが「たのしい教育」でもあるのです。

たのしい教育は生き方にも繋がる
沖縄の賢い教育を推進する
たのしい教育研究所です

 

良く読まれている記事