自由研究 自然に親しむシリーズ カスミヒメハギ(コバナヒメハギ)と親しむ

 自由研究は人間の人間たるゆえんではないかと思うほど、心の底からたのしさが湧き上がって来ます。人間が本来的に持っている〈知的好奇心〉から派生するものごとはすべからく〈自由研究〉とも言えるでしょう。今回もそれに関わる内容を書かせていただきます。

 毎朝の日課の自然散歩をしていると、遠くからまたブーン、ブーンという機械音がしています。

 早足で歩くと、草刈りの専門のみなさんが、完全整備で二回目の草刈りをしていました。そうか、あれで終わりではなかったのか。
 安全のためにもありがたいとことなので感謝しつつも、個人的には〈カスミヒメハギ・コバナヒメハギ(⇒こちら)〉を移してあげられないか、と考えて生えている場所に急ぎました。

 

 まだ刈られる前でした。

 カスミヒメハギたちが自生している場所に、草刈り隊の方たちが来るまで〈10mくらい〉はあります。
 何株でも良いので、研究所にうつしてあげようと、急ぎ作業に入りました。

 急ぎ研究所に戻り、プランターを準備し、足りない分は紙カップを加工して…

  

たっぷりと植えました。自由研究で利用したいみなさんにもお分けできます。

1日一回の「いいね」クリックで〈たのしい教育〉を広げませんか-〈人気ブログ〉いいねクリック⬅︎ジャンプ先のページでもワンクリックお願いします

 

良く読まれている記事